2020年 8月 8日 (土)

NGT48インタビュー 1年9か月ぶりシングルで「新しい印象をお届けできるのでは」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

MV撮影はメンバーの間隔を2メートル開けて...

新曲「シャーベットピンク」のミュージックビデオは「新潟西海岸突堤」で撮影された。メンバーの間隔を2メートル開けて撮影に臨んだ(c)Flora
新曲「シャーベットピンク」のミュージックビデオは「新潟西海岸突堤」で撮影された。メンバーの間隔を2メートル開けて撮影に臨んだ(c)Flora

―― 新型コロナウイルスの問題が発生してから初めてのMV撮影でした。フォーメーション(人の配置や動き)にも、相当変化があったのではないですか。

本間: そうですね。私も結構MVの撮影を経験してきましたが、360度使ってフォーメーションを組むのは初めてだったので、すごく新鮮でした。

―― 人と人との間をかなり空けて、さらに人が動いて入れ替わるという...。

藤崎: そうですね。すべての立ち位置に2メートル間隔を測って、「バミリ」をとってやりました。ドローンで上から撮影した映像を見ると、2メートル間隔がきれいに見えて、逆に今だからこそ撮れるMVになったんじゃないかなと思います。
本間: 確かに、この状況じゃなかったらあのフォーメーションじゃなかったかもしれないしね。

―― 距離がある分、メンバーが動くのが大変だったとも聞きました。藤崎さんは足が速いそうですね。

藤崎: いやー、私は速いっていう自覚はないんですけど。
本間: いや、速いです。

―― 衣装は曲名に合わせてシャーベットピンクですが、1期生と研究生でデザインが違いますね。

本間: 1期生は首元が開いているデザインで、研究生は肩が開いています。

―― 日焼けをするところが違うんですね。MVを見ると晴れた日でしたからね。

藤崎: (肩の部分を見せながら)こうやって見るとわかるかな。結構色が...。この辺とか...。
本間: そうなんです。日焼けしました。

―― 振り付けも特徴的ですね。

本間: (手で文字を作りながら)「N」「G」「T」とやったりとか、スカートを歌詞に合わせて一緒に揺らしたりする振り付けがあって、すごくかわいいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中