2020年 12月 1日 (火)

新潟だからこそできる活動の形が絶対にある...メンバーの決意 NGT48インタビュー

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   NGT48が2020年1月に都内で開いたコンサートでは、合宿の特訓で選抜された16人のメンバーがパフォーマンスを披露した。NGT48にとって1年9か月ぶりの新曲「シャーベットピンク」(20年7月22日発売)では、この「コンサート選抜」のメンバーがカップリング曲を担当した。タイトルは「絶望の後で」。グループの境遇と重ねて受け止めるファンも多く、タイトル発表後には波紋も広がった。

   メンバーは「絶望の後」に何を見るのか。インタビュー後半では、表題曲とカップリング曲、それぞれのセンターを務める藤崎未夢(みゆ)さん(19)と本間日陽(ひなた)さん(20)に、楽曲に込められた思いや、今後の活動の展望について聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • インタビューに応じるNGT48の本間日陽(ひなた)さん(左)と藤崎未夢(みゆ)さん(右)
    インタビューに応じるNGT48の本間日陽(ひなた)さん(左)と藤崎未夢(みゆ)さん(右)
  • インタビューに応じるNGT48の本間日陽(ひなた)さん(左)と藤崎未夢(みゆ)さん(右)

絶望すれば楽だけど、でもそこで諦めなかった

―― カップリング曲は、コンサート選抜の16人が担当し、本間さんがセンターです。タイトルは「絶望の後で」。タイトルの発表直後からファンの間で波紋が広がりました。歌詞には
「ああ真実とは? 誰も開けちゃいけないパンドラの箱か ああああ知りたくなんてなかったよ 正義はどこにある?」
ともあります。表題曲の「シャーベットピンク」は、その背景を比較的理解しやすいように思いますが、この「絶望の後で」は、どのような楽曲だと受け止めてフォーマンスしていますか。

本間: タイトルや歌詞のメッセージ性が強い分、ファンの方はタイトルが発表されたときに「どんな曲なんだろう」と思われた方が多いと思います。私も最初この曲をいただいて、どういう風に表現したらいいのかな、どういう風に自分の中で解釈したらいいのかな、と結構迷った部分はあります。でも曲を聴いて歌って録っていく中で思ったのは、ここまで自分がアイドルとして活動してきて、5年間活動してきていろんなことがあったりしたけど、アイドルになって本当に全部どの瞬間も楽しいことがたくさんあったな、ということと、歌詞にもあるように「どうして 優しげに微笑んで近づく?」とか「今すぐ 絶望すれば楽になれるさ」とか...。絶望すれば楽だけど、でもそこで諦めなかった。諦めなかったというか、諦めるタイミングは、多分アイドル活動やってきてたくさんあったんですよ。挫折して、もうそこで諦めちゃう瞬間、諦めてしまえば楽になれる瞬間ってきっとたくさんあったと思いますが、それでも自分が今こうやってアイドルをやっているというのは、やっぱりファンの方の応援があったからだし、周りで支えてくれる方々がいてくれたからこそです。そういった方々のことを、すごく思い浮かべました。

―― 難しい局面でもどんな時でも、反転攻勢のきっかけはつかめる、といった思いですか?

本間: そうですね。でも、逆転のチャンスとかそういった意味ではなくて、自分が今活動できているのは、周りの方々がいてくださるからこそだし、NGT48として活動してきて、どの瞬間も私は好きだと思いました。

―― タイトルや歌詞が与える印象とは反対に、曲調は比較的前向きですよね。

本間: はい。雄大な感じで、すごく好きです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中