2020年 12月 4日 (金)

007も大喜び? トヨタが「往年の名車」部品を復刻

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   トヨタ自動車は1967年発売の「トヨタ2000GT」の補修部品を復刻し、2020年8月以降に発売すると発表した(7月6日)。トヨタは19年5月、初代スープラ(A70型)と2代目スープラ(A80型)の部品を復刻して販売すると発表しており、2000GTが部品復刻の第2弾となる。

   部品の復刻は、トヨタのモータースポーツ部門である「TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ・ガズー・レーシング」の「GRヘリテージパーツプロジェクト」として行う。トヨタは同プロジェクトについて「『思い出の詰まった愛車に乗り続けたい』というお客様の想いに応えるべく、既に廃版となってしまった部品を復刻し、純正部品として再販売する」と説明している。

  • トヨタの公式サイト
    トヨタの公式サイト
  • トヨタの公式サイト

当時の生産337台、現役は何台?

   トヨタ2000GTはトヨタがヤマハ発動機と共同開発したスポーツカーで、1967年から70年にかけ、わずか337台生産した。この生産台数の少なさから、現在も走れる状態で保存されている台数は極めて少ないとみられる。

   それでもトヨタが部品の復刻に踏み切ったのは、トヨタの歴史の中で2000GTはイメージリーダーであり、特別な存在だからなのだろう。

   トヨタ2000GTは、当時「仮想敵国」だった日産の「スカイライン2000GT‐R」に対抗する意味合いがあった。国内のモータースポーツで連勝し、人気絶頂だったスカイラインを凌駕するのがトヨタ2000GTの使命だった。

   このためエンジンはスカイライン2000GT‐Rと同じく直列6気筒DOHCの2リッターエンジンを採用した。このエンジンの開発には、バイクメーカーとしてスポーツエンジンを得意とするヤマハが大きくかかわった。

   トヨタの2000GTに対する意気込みは並々ならぬものがあった。そのひとつがスタイリングだ。セダンタイプのスカイラインとは大きく異なるロングノーズ・ショートデッキのクーペボディで、英国の高級スポーツカー「ジャガーEタイプ」を彷彿とさせるようなデザインだった。

   トヨタ2000GTは4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション、4輪ディスクブレーキ、マグネシウムホイール、リトラクタブルヘッドライトなど、当時の先進技術を多く採用した。このうち、今日では当たり前の4輪ディスクブレーキを日本で最初に採用したのはこのクルマだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中