2020年 12月 1日 (火)

ジャニー喜多川氏、「生前最後」嵐ライブの後に... 松本潤「妙に感動しちゃった。そんな言葉言われたことないから」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   嵐の松本潤さんが2020年7月30日、テレビ番組「関ジャム 完全燃SHOW ゴールデン2時間SP」(テレビ朝日系)に出演し、故・ジャニー喜多川氏が訪れた「最後のライブ」について語った。

  • ジャニー喜多川氏とのエピソード明かす
    ジャニー喜多川氏とのエピソード明かす
  • ジャニー喜多川氏とのエピソード明かす

ライブに誘うも3度「拒否」された

   嵐のライブ演出を担当し、様々な仕掛けでファンを楽しませ続けてきた松本さんはこの日、自身のエンターテイメントの根源はジャニー氏であると断言。切っても切れない関係であり、「どこ切ってもその血なんじゃないかな」と言い切る程、彼にとって大きな存在であったと明かした。そして、仕事をしてきた中での印象深い出来事を告白し、改めてジャニー氏への感謝を伝えている。

   2015年に開催されたライブ「Japonism」では、当時結成15年目を迎え、改めてジャニーズの伝統を継承するショーの要素を全面的に打ち出した演出を行った嵐。ここでも演出を務めていた松本さんは、ショーを形作っていく時に「ジャニーさんのエンタメイズム」を大切にしていたという。日々「ジャニーさんだったらどうするかな?」「見たら喜ぶだろうな」と考えをめぐらせていたそうだ。

   そして集大成とも言えるラスト3日間の東京ドーム公演を迎え、ジャニー氏に「見に来て欲しい」と電話をしたところ、なんと「稽古で忙しいから無理」と即答されてしまう。続く2日目は「体調悪いからいけない」と拒否され、3日目にしてやっと「何時から?」と聞かれたものの、開演時間を告げると「ぼくその時間行けない」と再び拒否されたことを振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中