2020年 12月 6日 (日)

J2町田ゼルビア、晴山岬の新型コロナ陽性発表 前日のU-19代表候補合宿に参加

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカーJ2・FC町田ゼルビアは2020年8月2日、所属するFW晴山岬選手(19)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表した。

   晴山選手は1日、U-19日本代表候補のトレーニングキャンプに招集されたが、同キャンプは集合時の検査の結果、選手1人に新型コロナの陽性反応が認められたとして中止されていた。

  • 晴山岬(写真:アフロ)
    晴山岬(写真:アフロ)
  • 晴山岬(写真:アフロ)

京都サンガ戦は「予定通り開催」

   町田は発表で「晴山選手は昨日8月1日(土)、千葉県内で行われたU-19日本代表のトレーニングキャンプに合流した際、集合時に参加者全員に対して行われたSmartAmp法およびPCR検査の結果、陽性反応が認められました」と、合宿合流時に行ったPCR検査で陽性反応が出たことを明らかにした。現時点での病状については「37.2度の発熱があり、病院で療養しております」としている。

   他の選手・スタッフは「体調不良などの症状も確認されておりません」としている。7月31日に全選手・スタッフに実施したJリーグ公式PCR検査の結果が8月2日に分かり、ここでも「晴山選手を除いて全員陰性であることが確認されました」という。毎日の検温でも、1~2日には37.5度以上の計測者は晴山以外いなかった。

   町田は2日、J2第9節・京都サンガ戦をアウェーで予定しているが、「所管の保健所による確認の結果、遠征メンバー・帯同スタッフともに濃厚接触者は『無し』との判断が下されましたので、Jリーグおよび京都サンガF.C.と協議の結果、予定通り開催することとなりました」。今後も「保健所・専門家・Jリーグの提言を受けながら情報の公表を速やかに行ってまいります」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中