2021年 2月 27日 (土)

窓が開かない新幹線や高速バス、コロナ対策は? 動画公開し安全性PR、「座席回転」はNG...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

狭いバス車内、感染対策と快適さどう両立?

   高速バスの場合も、新幹線と同様に外気と車内の空気を入れ替える換気システムを搭載している車両が増えている。高速バス「WILLER EXPRESS」を運行するWILLER社も、実験映像を公開している。

高速バスの車内で行った換気システムの実験の様子(WILLER社提供の動画から)
高速バスの車内で行った換気システムの実験の様子(WILLER社提供の動画から)

   バスの場合は新幹線などより座席が狭い場合が多い。WILLER社は6月から、従来から多くのバスに導入しているカノピー(顔を隠せるフード)に、新たに飛沫感染対策フェイスカバーを装着したほか、7月からは隣席との仕切りの高さを顔の高さまで上げることにした。「周囲との飛沫接触を避けるとともにプライベート感もアップし、快適にご乗車いただける」(同社広報担当者)という。

WILLER社のバスで導入した、カノピー(顔を隠せるフード)に装着した飛沫感染対策フェイスカバーと、顔の高さまである隣席との仕切り(WILLER社提供)
WILLER社のバスで導入した、カノピー(顔を隠せるフード)に装着した飛沫感染対策フェイスカバーと、顔の高さまである隣席との仕切り(WILLER社提供)

   バス会社の中には、隣座席や前方の座席を空席にするなどの措置を続けているところや、乗車人数に合わせてなるべく離れるように座席をその都度配置するところもある。

   各社とも実際の混雑状況に応じて対応することになるので、事前に確認してみるといいだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中