2020年 9月 26日 (土)

ラミレス采配裏目で連勝ストップ 「敬遠策から失点」続く

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球のDeNAは2020年8月11日、横浜スタジアムで阪神と対戦し2-9で敗れた。先発・井納翔一投手(34)が5回まで1失点の好投を見せたが6回に自身のけん制ミスなどもあり2失点。打線は阪神先発オネルキ・ガルシア投手(31)に7回まで1点に抑えられた。これでチームの連勝が「3」でストップ。首位・巨人とのゲーム差を縮めることが出来なかった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

立ち上がり苦しむガルシア攻略出来ず...

   流れが変わったのは6回だった。1死1塁の場面で井納の1塁へのけん制が悪送球となり、1塁走者の木浪聖也内野手(26)が一気に3塁へ。1死3塁とピンチが広がりジェリー・サンズ外野手(32)にタイムリーを許した。2死2塁からジャスティン・ボーア内野手(32)を申告敬遠で歩かせ2死1、2塁。これが裏目に出て梅野隆太郎捕手(29)にタイムリーを打たれ追加点を許した。

   2点ビハインドの7回にはパスボールから1失点。9回には4番手・平田真吾投手(30)が大きく乱れた。先頭・植田海内野手(24)に死球を与えると2者連続ヒットを与え無死満塁。このピンチに木浪にタイムリーツーベースを許し2点を失った。なおもピンチは続き、1死2、3塁の場面で大山悠輔内野手(25)を申告敬遠で歩かせ塁を埋めた。ところが続く福留孝介外野手(43)に押し出しの四球を与え、またも采配が裏目に出た。

   この日のDeNA打線は、立ち上がり制球に苦しむガルシアを捕らえ切れなかった。初回、2番・楠本泰史外野手(25)に本塁打が飛び出し同点とするも、その後はゼロ行進。2回と3回はそれぞれ先頭が四球で出塁。3回は2つの四球で1死1、2塁のチャンスをつかんだが、4番・佐野恵太外野手(25)が空振り三振、5番ホセ・ロペス内野手(36)がショートフライに打ち取られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中