2020年 9月 27日 (日)

渡哲也さん、病と闘った壮絶な俳優人生 被災者や小児がんの子供を励ます

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   2020年8月10日に78歳で亡くなった俳優の渡哲也さんは頑健そうな外見とは裏腹に、30代からしばしば大病に苛まれ、病と闘いながらの壮絶な俳優人生だった。

   その一方で、震災の被災者や小児がんの子供たちを支えるなどのボランティア活動に積極的に参加し、励ましのエールを送り続けた。

  • 渡哲也さんの芸能生活40周年記念CD(WebKoo)
    渡哲也さんの芸能生活40周年記念CD(WebKoo)
  • 渡哲也さんの芸能生活40周年記念CD(WebKoo)

一時は「俳優人生が終わった」と覚悟

   身長180センチ、空手二段、「第二の石原裕次郎」のキャッチフレーズ。日活待望の大型新人として売り出された。デビュー当時のお披露目会見では、記者やカメラマンの前で瓦5枚を叩き割り、硬派のタフガイぶりを見せつけた。

   だが、しばしば病魔にとりつかれた。1974年、大河ドラマ「勝海舟」の主役になったが、肋膜炎で降板。肝機能不全なども併発して9か月の長期入院。75年、映画「仁義なき墓場」の撮影中にも体調を壊し、東大病院に5か月も入院した。医師がプロジェクトチームを組んだが、何の病気かわからず、薬の副作用に苦しんだ。『渡哲也 俺』(柏木純一著、毎日新聞社)によると、のちに膠原病と診断されたという。

   89年、「ゴリラ・警視庁捜査第8班」では、ヘリコプターから着地するシーンで左足の筋を損傷。無理して撮影を続行したこともあって悪化し、その後は足を引きずって歩くなど後遺症が残った。

   91年には直腸がんが見つかった。すでに「部分切除」の域を超えていた。直腸を25センチにわたって切り取り、人工肛門になった。一時は、「これで自分の俳優人生は終わった」と覚悟したという。その後も別の小さながんの手術をしている。さらに2015年6月に急性心筋梗塞で入院し、手術を受けていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中