2020年 9月 19日 (土)

わさビーフ「愛されキャラ」更迭の裏事情 ファンは涙も...キンコン西野氏に賭けた理由

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   「デザインまで変える必要なかったのでは?」「もうわさっちは見られないの?」。菓子メーカー「山芳製菓」(東京都板橋区)は2020年9月1日から、看板のスナック菓子「わさビーフ」のリニューアルに踏み切る。

   お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣氏(40)の助言を受け、パッケージなどの刷新を決めた。

   それに伴い、おなじみの商品キャラクター「わさっち」も事実上の"更迭"となる。消費者からは残念がる声が相次ぐが、同社は取材に「もちろん愛着はございますが、新しい一歩のために新キャラクターにバトンタッチする形になります」と答えた。

  • 新旧パッケージ
    新旧パッケージ
  • 発売当初のパッケージ。わしゃビーフは4本足だった
    発売当初のパッケージ。わしゃビーフは4本足だった
  • 新旧パッケージ
  • 発売当初のパッケージ。わしゃビーフは4本足だった

33年の歴史に幕

   わさビーフは1987年に発売。ビーフの風味とわさびのツンとくる後味が特徴のポテトチップスで、ロングセラー商品となった。

発売当初のパッケージ。わしゃビーフは4本足だった(山芳製菓公式ブログより)
発売当初のパッケージ。わしゃビーフは4本足だった(山芳製菓公式ブログより)

   発売当初から、パッケージには眠たげな目をした愛嬌のある牛のキャラクター「わしゃビーフ」があしらわれていた。2015年にはツイッターで新しい名前を募り、約3700の候補から「わさっち」が選ばれた。

ツイッターで過去に実施した企画
ツイッターで過去に実施した企画

   そんなファンと築き上げてきた「資産」を手放すこととなった。山芳製菓は20年8月18日、わさビーフの全面リニューアルを発表した。

   味は「わさび感をアップ」するなどマイナーチェンジにとどめたが、パッケージは大きく刷新。店頭で目立ちやすいデザインに変更し、「わさっち」から、牛をモチーフにしたようなキャラクター「わさぎゅ~」に切り替えた。

   デザイン面は西野氏の監修を受けて決定。西野さんが主催するオンラインサロンの協力も仰ぎ、今回の一大プロジェクトが実現したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中