2020年 9月 21日 (月)

お盆の交通状況に、人々の「本音」浮き彫り 激減した鉄道航空、これに対して...

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   新型コロナの影響下で迎えた2020年夏のお盆シーズンは、一部の知事や専門家から帰省・旅行の自粛が要請された。例年の帰省ラッシュは影を潜め、列車や飛行機は閑散としていた。

   しかしお盆が終わって公表された鉄道と航空、そして高速道路の利用状況を比較すると、コロナを気にしながらも遠出はしたいという人々の複雑な心理が見え隠れする。

  • 鉄道・航空と車で需要に大きく差が出た
    鉄道・航空と車で需要に大きく差が出た
  • 鉄道・航空と車で需要に大きく差が出た

鉄道・航空は7~8割減 しかし道路は...

   JR各社が発表したお盆期間(8月7日~8月17日)の鉄道利用状況を見ると、各社とも前年比4分の1近くにまで落ち込んでいる。長距離輸送の核になる各新幹線は東海道新幹線76%減、山陽新幹線77%減、東北新幹線79%減、九州新幹線72%減といった衝撃的な数字が出ている。在来線特急も低調で、JR四国の予讃・土讃・高徳各線の特急は前年比67%減少、JR北海道の函館・室蘭・根室各線の特急は54%減少を記録した。1987年のJR発足以来の深刻な落ち込みである。

   航空各社の8月7日から16日にかけての国内線利用状況は、ANAが前年比69.6%減、JALが66.9%減少と大手2社は約7割の需要が消失。スカイマークは59.4%減、ジェットスター・ジャパンは47.5%減と発表された。これは国内線のみのデータであるから、国際線も含めればさらに前年比で減少していることになる。鉄道と同レベルの落ち込みぶりを示している。

   一方、高速道路の統計は違う実態を示している。NEXCO3社と瀬戸大橋を管轄する本四高速から8月7日~8月16日の交通状況が17日に発表されたが、主要な高速道路交通量の減少幅は33%減にとどまった。

   主要区間で測定された1日平均の交通量(通過台数)を見ていくと、最も交通量が多かった東名・名神の場合、東名高速の秦野中井IC~大井松田IC(ともに神奈川県)間で前年比75%、静岡IC~焼津IC(同静岡県)間で同66%の交通量をキープしている。

   名神高速の彦根IC~八日市IC(同滋賀県)間でも前年比68%、大山崎JCT(京都府)~高槻JCT(大阪府)間で同79%であり、東名・名神と並行する東海道新幹線が前年比24%にまで落ち込んだのとは対照的だ。交通量で見ると、以下九州道の太宰府IC~筑紫野IC(ともに福岡県)間(前年比75%)、中央道相模湖IC(神奈川県)~上野原IC(山梨県)間(同79%)と続く。東名高速・中央道とも都市部に近い区間の方が例年通り混雑している傾向がある。

   ほとんど交通量が減っていない区間もあり、東京湾アクアラインの川崎浮島JCT(神奈川県)~海ほたるPA(千葉県)間は前年比96%、阪和道のみなべIC~紀伊田辺IC(ともに和歌山県)間は同96%の交通量だった。阪和道は行楽地の和歌山・白浜温泉へのアクセス路線であることも影響しているだろうか。

   渋滞は大幅に減ったもののある程度発生している。10㎞以上の渋滞は昨年の436回に対し149回、うち30㎞以上の渋滞は39回に対し6回である。特に長かった渋滞として8月16日中央道上り日野バス停(東京都)付近での43.3㎞に及ぶ渋滞、8月14日関越道上り川越IC(埼玉県)付近での35.8㎞の渋滞などが発生した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中