2020年 9月 29日 (火)

炎天下レポの女性Dの様子が「危ない、危ない」 それでも中継続けたフジの見解

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   フジテレビ系の情報番組「直撃LIVEグッディ!」で、番組の女性ディレクターが炎天下の暑さでフラフラのような状態になりながら生中継を途中まで行い、「熱中症だったらどうするのか」などとネット上で番組への批判が相次いでいる。

   特に、ディレクターに続けるよう指示を出した安藤優子キャスターに非難が多く寄せられている。フジテレビは、「熱中症はなかったが、今回の経験を活かしたい」といった内容のコメントを出した。

  • 番組の公式サイト
    番組の公式サイト
  • 番組の公式サイト

中止を訴えも、安藤優子「もう1回お返ししていいですか?」

   「猛暑 京都の今」として、2020年8月19日の放送では、14時過ぎに京都・嵐山の渡月橋の歩道から、女性ディレクターがマイクを通じてリポートした。

   白いポロシャツを着ているものの、日傘もなく、マスク姿で暑そうだ。

   京都では、13時の時点で最高気温が36.8度に達し、ディレクターは、手元の温度計が40.1度であることを示した。

「ペットボトルを凍らせて、そこにキュウリを凍らせて入れてきたりだとか...」

   京都の暑さ対策として、ディレクターは、こう紹介し始めたが、後が続かない。

「後はですね、あの~、何だっけな? すいません、ちょっとですね、暑すぎて頭がボケーとしてるんですね。ごめんなさい」

   スタジオからは笑い声が起きたが、ディレクターは、もう耐えられないのか、「お返ししときますね」と伝える。しかし、安藤さんは、「えっー、えへへ」と笑う。ディレクターは、「そうなんですよ、ちょっとね」と言うと、スタジオから、「あ~、危ない、危ない」との声が上がった。

   安藤さんは、それでも「私、返されたんですね」と笑い、ディレクターは、「本当ですね。あの~、準備してたんですよ、あと3つあるんですよ」と答えた。

   これを受けて、安藤さんは、「もう1回お返ししていいですか?」と問いかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中