2020年 12月 1日 (火)

コロナ重症者「ICU患者はカウント除外」 東京都の「独自基準」に医師も苦言

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   緊急事態宣言の目安ともなる新型コロナウイルスの重症者数について、東京都がカウントの仕方を公表もなく変更していたことが分かり、医師らがツイッター上で苦言を呈している。

   集中治療室(ICU)入りした患者数を外したといい、都の担当課に定義を変えた事情などを取材した。

  • 小池百合子知事はどう説明?(2019年11月撮影)
    小池百合子知事はどう説明?(2019年11月撮影)
  • 小池百合子知事はどう説明?(2019年11月撮影)

医療体制はひっ迫していない、との説明に使われる危惧も

   都の重症者定義変更が話題になったのは、2020年8月17日ごろだ。

   以前はICUの患者数も含めていたが、いつの間にか、人工心肺装置のECMO(エクモ)や人工呼吸器が必要な状態の患者だけを重症者にカウントしていた。このことに対し、内科医らがツイッター上でこんな変更を公表もせずにしていいのかと苦言を呈し、一部メディアも報じた。

   こうしたデータが、重症者が少ないので、医療体制はひっ迫していないとの説明に使われることに危惧する声も専門家らから出た。大阪府などでは、ICUの患者数も含めて重症者を発表していることから、内科医らは、専門家も混乱するので、全国で定義を統一してほしいと訴えている。

   一般の人たちからも、医療機関の状況が分からなくて困るとする声が相次いでいる。

「定義変更で、初期より重症化率低下したと誤認される一因になりますよね」
「集中治療室に入っているのに、重症者じゃないなんて」
「各都道府県でバラバラですってことなら まともな解析なんて出来るはずが無い」

   重症者の定義について、都の防疫・情報管理課は20日、4月27日から変更したと担当者がJ-CASTニュースの取材に答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中