2020年 9月 22日 (火)

「都の指標の方が優れている」とは発言してません 大曲貴夫医師が「悪質な誤報」と抗議、NHK「誤解を招く表現」認める

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   新型コロナウイルスの重症者の基準をめぐり、NHK総合テレビの報道番組「ニュース7」が自分の発言について「誤報」を流したと、国立国際医療研究センター病院の大曲貴夫国際感染症センター長がツイッターで抗議している。

   基準について、国より都の方が優れているとは言っていないとしている。これに対し、NHKは、「誤解を招く表現」だったことを翌日の番組内で認めた。

  • 大曲氏のフェイスブック投稿
    大曲氏のフェイスブック投稿
  • 大曲氏のフェイスブック投稿

「都の基準の方が実態を反映している」と発言内容を紹介したが...

   大曲氏が「誤報」を指摘したのは、2020年8月20日放送のニュース7だ。

   番組では、コロナ重症者について、都などが、国と異なって集中治療室(ICU)の患者数を含めない基準を採用しているとして、その背景を分析した。

   この日に開かれた都の会議で、大曲氏らが感染状況を報告し、モニタリング指標に使う重症者の基準についても解説した。

   番組では、重症者の数は、感染状況を判断するうえで重要な指標とされるとして、ナレーションで大曲氏の発言内容をこう紹介した。

「集中治療室の使い方は病院ごとに異なり、都の基準の方が実態を反映している」

   続いて、大曲氏が会議で「必ずしもICUに入院した患者さんが重症患者とは限らない」などと発言するシーンを流した。

   そして、小池百合子都知事が、「現場の医療施設をですね、最も戦略的に生かせる方法として、東京都としてこのモニタリング指標は大切にしていく」と発言する様子も流された。

   これに対し、大曲氏は、20日の放送後、ツイッターにこんな投稿をした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中