2020年 9月 25日 (金)

24時間テレビ「ブルーインパルス」企画にブーイング  「TOKIO」熱唱で「歌とか興味無いから」の声

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   日本テレビ系「24時間テレビ43 愛は地球を救う」が2020年8月22日から23日にかけて放送されている。その一企画として、宮城県の空を飛ぶブルーインパルスの映像が特別公開された。

   番組では、医療従事者たちのために松島基地から飛行する機体の映像を放送。終盤、映像がスタジオに切り替わり、俳優の山崎育三郎さん(34)が楽曲「TOKIO」を、バックスクリーンに映ったブルーインパルスとともに熱唱する一幕があった。

   異色のコラボ企画だが、SNS上では「歌とか興味無い」「ブルーインパルスだけ見せてくれる方がいい」といった声もあがった。

  • ブルーインパルス(写真は2020年3月20日撮影)
    ブルーインパルス(写真は2020年3月20日撮影)
  • ブルーインパルス(写真は2020年3月20日撮影)

前半はブルーインパルスが主役だったのに

   番組では、お笑いコンビ「サンドイッチマン」の伊達みきおさん(45)と富澤たけしさん(46)が、防衛省(東京・市ヶ谷)を訪ねた。ブルーインパルスの元隊長で、実際に操縦をしていたという現空幕広報室の担当者と、活動内容などを対談。また20年5月29日に東京上空を飛行した際の編隊長を務めた、現隊長も交えて飛行方法などを話していた。

   現隊長は「医療従事者のために、しっかり私たちのフライトを見ていただきたいという思いを込めて飛ばさせていただきます」と意気込んだ。

   飛行する舞台は、宮城県。松島基地から、アクロバット飛行する映像を番組内では特別公開した。

   ブルーインパルスが離陸する瞬間から、映像は始まった。機体には「特別にカメラをつけた」とのことで、コックピット内も映し出されていた。

   飛び立ったのは4つの機体。空中で旋回するアクロバットな動きに、ワイプに映っているスタジオ内からは「すごい」「おおー」という歓声があがっていた。

   また映像では、医療従事者たちが手を振り「ブルーインパルスが新型コロナウイルスと戦う方々への感謝と敬意を表しています」と、実況のアナウンサー。

   その後もブルーインパルスは、右下に映し出されたスタジオのワイプ映像とともに、宮城の空を飛んでいた。

   映像終盤では、放物線を描きながらハートマークを空に作ったブルーインパルス。感極まるスタジオの声と拍手とともに、実況のアナウンサーも

「こんなときだからこそ、みんなで心を一つに。ブルーインパルスが大空からエールを送っていきます」

と声を強めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中