2020年 9月 25日 (金)

連日の高値更新 エアコン大手・富士通ゼネラルに、投資家の注目集まる理由は?

https:////www.adfactory.io/adtr/click?bid=45987&sid=130&cid=31327&sk=jcast

   エアコン大手、富士通ゼネラルの株価が、立て続けに上場来高値を更新する好調を見せた。新型コロナウイルス禍のなか、巣ごもり需要をとらえて業績が好調なことを投資家が好感し、買いの勢いが衰えない。

   コロナ後も世界的に成長が続くとの期待もあるようだ。

  • エアコンメーカーに市場の関心が(イメージ)
    エアコンメーカーに市場の関心が(イメージ)
  • エアコンメーカーに市場の関心が(イメージ)

売上高の9割近くが「エアコン」

   名前が示す通り、富士通ゼネラルは富士通傘下のエアコンメーカー。もともと関東圏でモーターなどを生産する電子部品メーカーで創業は1936年。1984年に富士通と資本・業務提携し、現在も発行済み株式の44.08%を富士通が持つ(富士通からみると持分法適用関連会社)。

   早くから地域的に偏ることなく海外展開を進めており、2020年3月期の海外売上高比率は66%に及ぶ。そのほとんどが「ノクリア」などのブランドのエアコンだ。会社全体の売上高の9割近くがエアコンで、まさに「一本足打法」と言えよう。

   関西のダイキン工業も(こちらは独立系)似たようなエアコン一本足のライバルだが、富士通ゼネラルの売上高はその10分の1程度と差は開いている。

   富士通ゼネラルはコロナ禍の比較的早い段階で、マイナスの影響よりプラスの影響が大きいのではないかと期待されていた。6月4日付でSMBC日興証券は投資判断を3段階で真ん中の「2」から最上位の「1」に格上げし、目標株価も1800円から2500円に引き上げた。

   リポートいわく、「コロナの影響からのいち早い脱却も視野に」、「生産への影響で最悪シナリオを免れ、原価低減で2021年3月期に増益も視野も入ってきた」と指摘した。この時点で富士通ゼネラルは2021年3月期連結決算の業績予想を「未定」としており、初めて予想を発表したのは6月24日。それは確かに増収増益だった。売上高は前期比1.1%増の2650億円、営業利益は7.1%増の160億円、純利益は90.8%増の110億円を見込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中