2020年 9月 19日 (土)

階戸瑠李さん、事務所が「これからだった」と惜しむ急逝 グラビアから女優へ...出演作から振り返る足跡

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   女優の階戸瑠李さんが2020年8月28日に31歳で亡くなっていたことが、8月31日に所属事務所よりから発表された。

   直近の出演作品としてドラマ「半沢直樹」(TBS系)が放送されたばかりだったが、他にもグラビア・ドラマ・舞台・映画と精力的に活動していた。早すぎる死を惜しむ声が相次いでおり、多方面での活躍ぶりをファンや共演者が惜しんでいる。

  • ジースター・プロは8月31日にサイト上で追悼のメッセージを発表した(公式サイトより)
    ジースター・プロは8月31日にサイト上で追悼のメッセージを発表した(公式サイトより)
  • ジースター・プロは8月31日にサイト上で追悼のメッセージを発表した(公式サイトより)

「全裸監督」では濡れ場も

   階戸さんは1988年10月30日生まれで、上智大学を卒業後に「ミスFLASH2013」に応募、グランプリを獲得して芸能界デビューを果たす。グラビアアイドルユニット「G☆Girls」のメンバーとしても2016年まで活動していた。

   初の出演舞台は2012年の「戦国降臨GIRL」で、以後コンスタントに舞台に出演。とりわけ。劇団「STRAYDOG」プロデュース公演にしばしば出演しており、2017年「蒲田行進曲」小夏役、「あなたには帰る家がある」佐藤真弓役で主演、2019年も生前最後の舞台になった「嫌われ松子の一生」川尻松子役で主演と着実に経験を積んでいた。

   階戸さん自身は2019年「熱海殺人事件」出演時に感じたことを投稿サイト「note」でつづっている。

「昨今の日本の表現や芸術分野に対しての意識の低さ(個人の話ではなく、国として)をひしひしと感じる中で、私たちが舞台に立つ意味は何なのだろうとつくづく考えさせられます。直接足を運ばなくても、ネットなどで何でも観られるような時代ですし。
私は今まで、本や映画、演劇に何度も励まされてきました。勇気をもらって、もう少し踏ん張ってみようと思えることができました。でもそれは、親しき友人に会ったり、美味しいものを食べたり、公園を音楽を聴いて散歩してみたり・・・そういったことでもいいんだなと。それで清々しい気持ちになり、明日も頑張ろうと思えるのはすごく素敵だなと。
そんな自分の時間を自由に選択できる中で、熱海殺人事件を観るために時間を調節して時間と労力をかけて、荻窪に足を運んでいただけたことがもう、言いつくせない程の感謝の気持ちしかないのです。
だからこそ、私たちはぶつかったり喧嘩したり、ある意味で自身を犠牲にしたりしてでも観る価値のある作品を作らなくちゃいけないと思うのです」

   ドラマでは1度の出演シーンで話題となった「半沢直樹」の他にも「十津川警部シリーズ5/京都・嵯峨野殺人迷路」(2018年)などに出演、「十津川警部」ではクラブのホステス役を演じたが、これはグラビアアイドル出身ならではの役どころだろうか。

   他にも特撮ドラマ「ファイヤーレオン」(2013年)では喫茶店「CAFE FRIENDS」の店員・彩香役で準レギュラー役で出演、やはりというか、シースルーの露出度の高い服装でいることが多かった。

   Netflix配信のドラマ「全裸監督」(2019年)では、第1話で主人公・村西とおる監督の妻役で登場、劇中でいきなり不倫に走って濡れ場を演じ、視聴者にインパクトを与えた。

   映像作品ではセクシーな役回りが多かったが、前出の舞台活動のように活躍は多岐にわたり、俳優として表現の場を前向きに模索していたことがうかがえる。現在公開中の映画「東京の恋人」にも出演している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中