2020年 9月 21日 (月)

大規模クラスター発生の高校、全国からの激励に「どれほど救われ、魂が奮えたことか」 感染者の退院報告、学校も再開

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   新型コロナウイルスの約100人規模のクラスター(感染者集団)が発生した立正大淞南高校(島根県松江市)は2020年9月4日、感染者の退院を報告した。

   学校には、地元を含め全国から支援や激励が寄せられたといい、「教職員生徒一同どれほど救われ、魂が奮えたことか筆舌に尽くし難いものがございます」と感謝した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

本田圭佑選手がエール

   松江市は2020年8月10日、立正大淞南高サッカー部の寮で集団感染が起きたと発表し、生徒など計96人の感染を報告していた。

   同高は翌日に急きょ記者会見を開き、感染拡大について、生徒の落ち度ではなく学校としての感染症対策に不備があったと謝罪した。

   その感染者数の多さから、多数のメディアで報じられた。ネット上では心無い言葉も散見されたが、サッカー元日本代表・本田圭佑選手が

「立正大淞南高校、及びサッカー部の皆さん、コロナ感染に関して謝罪する必要なんてないよ。対策してても感染する確率を0にはできんから」
「それより熱とか体は大丈夫?今はしっかり食べて休んでな。また治ったら夢に向かって頑張れ。非難してる人だけでなく、心配してる人も沢山いることを忘れんといて」

   とツイートするなど、気遣う言葉も数多く寄せられた。

   立正大淞南高は9月4日、「お礼を申し上げることも叶いませんので、ホームページ上にて感謝の意を表させていただきます」として、公式サイト上に理事長と校長名義の「お礼状」を掲載した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中