2021年 3月 4日 (木)

エンジンかけっ放しで「車内取り残し」 姉妹死亡で関心、どんな危険があるのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「ガソリン車なら、かけっ放し状態のままのことが多い」

   姉妹の車内取り残しは、事件へと発展したが、もし子供が車内に残された場合はどんな危険があるのだろうか。

   母親の車は、ドイツ製の高級車だったが、最近の車について、トヨタ自動車の広報担当者にJ-CASTニュースが9月4日に取材して話を聞いた。

   エンジンをかけておけば、エアコンで車内を冷やすことができる。エンジンをかけたまま、ドライバーが車を離れると、エンジンがしばらくして止まることはあるのか。

   自社の車について、担当者は、こう話した。

「ハイブリッド車については、エンジンをかけっ放しで行くと、充電された後にエンジンが止まります。ガソリン車なら、しばらくしてエンジンが停止することはなく、かけっ放し状態のままのことが多いですね。しかし、車種や年代によって色々なタイプがあり、一概には言えません」

   外からドアをロックした場合は、車内からドアを開けられないかについては、こう言う。

「ロックしても、大人が車内からドアを開けられない車はないと思います。ただ、チャイルドロックされていれば、後部座席からドアを開けることはできないですね」

   エンジンが止まった場合、車に始動ボタンがあっても、ブレーキを踏まないとかからないのが普通だそうだ。ボタンを押してアクセサリーの電源が入り、エアコンが効いても、長時間ならバッテリーが上がってしまうことも考えられる。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中