2020年 9月 20日 (日)

「#闇バイト」へ実際に「応募」も 特殊詐欺、パパ活、愛知県警が追うSNSの「危ないやり取り」...その実態は?

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   高齢者らを狙う「特殊詐欺」の実行役を詐欺グループが募集したり、「援助交際」や「パパ活」などと称して子どもが性行為の相手を募ったりする手段として多用されているのがSNSだ。全国の警察で、疑わしいツイートに警告メッセージをリプライすることで犯罪を未然に防ごうとする取り組みが広がっている。この手法を先行して実施している愛知県警の協力を得て、SNS上で横行する「危ないやり取り」を再現した。

   「#闇バイト」「#裏仕事」―。こうしたキーワードでツイッター内を検索すると、スマートフォンの画面上に疑わしい投稿が次々と表示された。特殊詐欺グループが、だます高齢者のもとにキャッシュカードなどを受け取りに行く「受け子」や、キャッシュカードで銀行などに行って現金を引き出す「出し子」などの実行役を募る投稿だ。

  • 愛知県警が警告メッセージを書き込む際に添付している画像(提供)
    愛知県警が警告メッセージを書き込む際に添付している画像(提供)
  • 「援助交際」の相手を募っているとみられるツイートと「警告メッセージ」(ツイッターから、一部加工)
    「援助交際」の相手を募っているとみられるツイートと「警告メッセージ」(ツイッターから、一部加工)
  • 愛知県警が警告メッセージを書き込む際に添付している画像(提供)
  • 「援助交際」の相手を募っているとみられるツイートと「警告メッセージ」(ツイッターから、一部加工)

高い逮捕リスクでも「アルバイト感覚で安易に応募」

   なぜこうした「募集」がツイッター上で投稿されるのか。「受け子」や「出し子」は、詐欺に気づいた高齢者や銀行関係者が通報したり銀行などの防犯カメラに映ったりして、逮捕されるリスクが高い。捕まった「受け子」らの代わりに新たな実行役をそろえたり、全く見知らぬ「受け子」らを使うことで捜査の手が自分たちに及ばないようにしたりするため、詐欺グループは匿名で見知らぬ相手と接触しやすいツイッターを多用しているとされる。

詐欺グループのものとみられるアカウントが「受け子」を募集するツイート(ツイッターから、一部加工)
詐欺グループのものとみられるアカウントが「受け子」を募集するツイート(ツイッターから、一部加工)

   愛知県警生活安全総務課の木村紀夫次長によると、2020年1~5月に県内で特殊詐欺犯として検挙された60人のうち、45%が「ツイッターを見て応募した」などと供述。アルバイト感覚で安易に応募する人が多いという。

   もし「応募」したらどうなるのか。愛知県警が入手した、実際の「応募者」 と詐欺グループとみられるアカウントとのSNSのやり取りを再現したものがこちらだ。応募者はまず、ツイッターのダイレクトメール(DM)で接触を試みた。

「お金に困ってます。仕事欲しいので紹介してください」(応募者)
「ご連絡ありがとうございます。それでは~というアプリをダウンロードしてアカウントを教えてください」(詐欺グループ)

   応募者からのメッセージに3分ほどで返信した詐欺グループは、ツイッターではなく、メッセージの自動消去機能がある通信アプリをダウンロードするよう促した。捜査を警戒しているためだとみられる。

「ダウンロードしました。アカウントは@・・・・・です」(応募者)
「ありがとうございます」(詐欺グループ)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中