2020年 9月 22日 (火)

COCOA、課題克服目指しアップデート なおもネットで指摘される「不具合」は...

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   厚生労働省は2020年9月8日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の修正版(iOS版「1.1.3」)の配布を開始した。iOSのアップデートは7月13日以来。また近日中にAndroid向け修正版の配布も予定していると、公式サイト上で発表した。

  • プッシュ通知が表示されるものの、アプリを開いて陽性者との接触を確認すると「陽性者との接触は確認されませんでした」と表示されてしまうという不具合も
    プッシュ通知が表示されるものの、アプリを開いて陽性者との接触を確認すると「陽性者との接触は確認されませんでした」と表示されてしまうという不具合も
  • 厚生労働省公式サイトより
    厚生労働省公式サイトより
  • プッシュ通知が表示されるものの、アプリを開いて陽性者との接触を確認すると「陽性者との接触は確認されませんでした」と表示されてしまうという不具合も
  • 厚生労働省公式サイトより

「改めて接触の検知の仕組みについて見直し」

   スマートフォン端末のアプリの自動アップデート機能がOnになっている場合には、ダウンロードが可能な通信環境から自動的に更新されるとし、アップデートを呼び掛けている。

   厚生労働省は公式サイト上で、今回のアップデートについてこう語る。

「ご利用者の皆様から様々な情報をお寄せいただく中で、端末の利用環境等により、想定しているよりも広範な接触が検知されているのではないか、あるいは本来検知すべき接触が検知されていないのではないか、という疑いのある事例もあり、改めて接触の検知の仕組みについて見直しを行って参りました。今回の修正版(1.1.3)による修正は、接触の検出精度の適正化を図るため、内部処理の改良を行ったものです」

   さらに、

「国民の皆様に広く、安心して本アプリをご利用いただけるよう、利用者からのご意見等を踏まえ、引き続き、本アプリの機能・デザインの改善を行ってまいります」

と今後も改善への意欲を示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中