2020年 9月 26日 (土)

「#山万20時間耐久」小さな環状線にひたすら乗り続け... ラジオ・SNS・会社まで動かした、ツイッターユーザーの「挑戦」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   総延長4.1キロの路線を20時間、同じ区間を何度も乗り続ける――。

   2020年9月7日、こんな無謀で「謎」とも思えるチャレンジに一人のツイッターユーザーが挑んだ。当初は一部の鉄道ファンの間で話題を呼んでいたが、その情熱はやがてラジオ局や企業、SNSを動かす壮大なものへと発展していった。

  • 山万ユーカリが丘線に連続乗車したツイッターユーザーが話題(画像はひがし(らすかる)さんのツイートより、一部加工)
    山万ユーカリが丘線に連続乗車したツイッターユーザーが話題(画像はひがし(らすかる)さんのツイートより、一部加工)
  • 山万ユーカリが丘線に連続乗車したツイッターユーザーが話題(画像はひがし(らすかる)さんのツイートより、一部加工)

1周目で早くも「白旗」

   山万ユーカリが丘線は千葉県佐倉市にある、山万株式会社(東京都)が開発したニュータウン・ユーカリが丘地区を走る路線。駅数は6駅で、ユーカリが丘駅を起点に環状運転を行っている。路線延長はたったの4.1キロメートルで、1周の所要時間は14分だ。

   この短い路線を、始発から終電までの20時間乗り続けることにチャレンジしたのが、ひがし(らすかる)さん。「交代要員の無い完全人体実験」を掲げ、前日の6日からユーカリが丘のホテルに宿泊する気合の入りようで現地に乗り込む。そして7日朝、500円で買える一日乗車券を手に、朝4時31分の始発から「山万20時間耐久チャレンジ」を開始した。

   1周目では「外がとてもくらい」「各駅5秒くらいでドアが閉まるのわらう」「噂の女子大駅である」とやや興奮気味に状況をツイッター上で報告。幸先の良いスタートを切ったかに思えたが、

「どうでもいいけど1周する前に飽きた」(4時42分)

   と早くも白旗をあげてしまった。

   その後は「暇なので京成に乗り換えるフリなどをしてみる」「トイレ行っておこうと思ったら開いてなかった」と乗り換え時間にいろいろな動きを試みながらも、単調な周回をこなしていく。6時代には朝の通勤ラッシュに突入し、8時頃には駅での列車行き違いで「向かい側の運転士さんさっきこっちの電車運転士してた人やん」と気づく。9時39分には「まだ5時間しか経ってないと思うと死にたくなる」とまた弱音を吐いてしまった。

   9時57分には駅の待合室を訪れ「待合室めっちゃ冷房効いてて涼しい!」。ユーカリが丘線の車両に冷房はついていない。残暑厳しい中での挑戦に「もう待合室が走れ」とヤケになるほどだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中