2020年 9月 26日 (土)

死去の岸部四郎さん 「利息だけで月1200万円」巨額借金から「元金持ちやぞ!」の豪快開き直りへ

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   タレントの岸部四郎さん(71)が拡張型心筋梗塞による急性心不全のため、2020年8月28日に死去していたと、9月15日に各メディアが報じた。

   岸部さんは「ザ・タイガース」のメンバーとして活躍したほか、1978年放送のドラマ「西遊記」(日本テレビ系)では沙悟浄役で人気に。さらに、1984年からはワイドショー「ルックルックこんにちは」(同局系)の2代目司会者を務めるなど、長きにわたって活躍を続けた。

   ただ、その一方で、自らの浪費癖などを原因とする巨額の借金が明らかになったほか、2003年には脳出血を発症。さらに、その後はパーキンソン病を患って入退院を繰り返すように。そして、2013年の「ザ・タイガース」再結成が最後の公の場となった。

  • 岸部四郎さんのブログから
    岸部四郎さんのブログから
  • 岸部四郎さんのブログから

まさに、波乱万丈の人生

   全盛期の華々しい活躍と、その後の転落ぶりがどうしても目についてしまう岸部さんの人生だったが、その転落のきっかけは、やはり、前述の借金問題だった。

   1998年4月6日、岸部さんは突如として「ルックルックこんにちは」の司会を降板。その2日後には本人の代理人から元本が5億円以上、利息の返済だけで月1200万円の借金があることが発表され、番組降板が本人の自己破産が原因であることが判明した。負債額が膨らんだ理由としては、当初は、前妻への慰謝料と子供2人の養育費や連帯保証人としての支払いと説明されていたが、その後、本人の浪費癖によるものも含まれているとの週刊誌記事が飛び出すなど、徐々に借金スキャンダルとしての側面が明るみに出るようになったのだった。

   2001年には自己破産が確定して借金は免責に。全てを失ったかに見えた岸部さんだったが、この頃から岸部さんは「貧乏キャラ」として再ブレイクし始める。2002年に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)では、1回の出演で計4回落とし穴に落ちる企画が放送され、落ちた落とし穴の中から「オレを誰や思うてんねん! 元金持ちやぞ!」「もう、カネしかないなあ!」との「迷言」を吐くなど、新たなキャラを開花させたのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中