2020年 10月 25日 (日)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
9.11 あの時の「沈黙」と重なるニューヨークの今

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!
「コロナで閑散とした今のように、19年前のあの時もニューヨークは沈黙していた」

   アメリカ同時多発テロ事件の跡地で、父親に捧げる白いバラを手にした女性が私にそう語った。

   ニューヨークにいれば必ずそうするように、私は今年もあの地に足を運んだ。新型コロナウィルス感染を恐れ、街にまだ人影は少ないが、「この日はこの場にいたい」と、追悼式典会場の外には、遺族だけでなく一般市民の姿もあった。今回の連載では、コロナとの闘いの最中、大統領選間近のこの街で、私が見た「9.11」を報告する。

  • 同時多発テロにより当時26歳で亡くなった知人男性の遺影を追悼碑の前に掲げ、見つめるコネティカット州の男性(2020年9月、筆者撮影)
    同時多発テロにより当時26歳で亡くなった知人男性の遺影を追悼碑の前に掲げ、見つめるコネティカット州の男性(2020年9月、筆者撮影)
  • 同時多発テロにより当時26歳で亡くなった知人男性の遺影を追悼碑の前に掲げ、見つめるコネティカット州の男性(2020年9月、筆者撮影)

ニューヨーカーは皆、「大切な仲間」を亡くした

   2020年9月11日朝、ニューヨークの空は曇っていた。現地に向かう地下鉄で、言葉を交わした40代くらいの女性が言った。

「事件が起きたあの朝、雲ひとつない晴天だったのを覚えてる? 天候は違うけれど、悲しみは今も同じ。私は直接の知り合いを亡くしたわけではないけれど、私たちは皆、亡くしたのよね」

   知り合いかどうかは関係ない。私たちニューヨーカーは皆、「大切な仲間」を亡くした、ということだろう。

   追悼式典は今年も、ハイジャック機2機が激突して崩れ落ちた世界貿易センタービル(World Trade Center)跡地で行われたが、コロナ感染防止のため、参加する遺族の数は絞られた。またいつもなら、遺族が2人1組で犠牲者の名前を1人1人読み上げるが、前もって録音された音声が流された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中