2020年 10月 24日 (土)

「問題児」ネリがビッグマウス炸裂 早くも世界2階級制覇後の野望語る

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   ボクシングの元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(25)=メキシコ=のビッグマウスが止まらない。ネリは2020年9月26日(日本時間27日)に米コネチカット州で行われるWBC世界スーパーバンタム級王座決定戦に出場し、同級6位アーロン・アラメダ(メキシコ)と対戦する。バンタム級に続いて世界2階級制覇を狙うネリは、早くも王座統一戦の野望を語るなどビッグマウスを炸裂させている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「彼こそが俺が次に戦いたい本当の相手だ」

   世界タイトル戦を控えたネリは、海外の専門メディア「Boxing Scene」のインタビューに対して次のように語っている。

「俺は122ポンド(スーパーバンタム級リミット)のファイターの中で世界最高の選手だと信じている。俺以外ではブランドン・フィゲロアがこの階級で最高のボクサーだと思っている。彼こそが俺が次に戦いたい本当の相手だ」

   ネリが戦いたい相手とするのが、WBA世界バンタム級レギュラー王者ブランドン・フィゲロア(米国)だ。フィゲロアは23歳の新鋭で、戦績はこれまで20勝(15KO)1分。2019年4月にWBA暫定王座を獲得し現在、王座を2度防衛中で9月26日にネリと同じリングで防衛戦を予定している。ネリの野望が実現すれば、WBA、WBC世界2団体王座統一戦となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中