2020年 10月 30日 (金)

コロナ禍で「さよなら運転」なくなっても... スマホ構える沿線住民に見た「新しい鉄道の楽しみ方」

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   新型コロナウイルス一色となった感がある2020年もいよいよ10月に入った。世の中の景色は大きく変わったが、鉄道の楽しみ方も例外ではないように感じる。今回は筆者が、取材を通じて感じた鉄道の楽しみ方の変化について考えてみたい。

  • 6月2日にひっそりと引退した阪神武庫川線の赤胴車
    6月2日にひっそりと引退した阪神武庫川線の赤胴車
  • 6月3日にデビューした阪神武庫川線の新型車両
    6月3日にデビューした阪神武庫川線の新型車両
  • 6月2日にひっそりと引退した阪神武庫川線の赤胴車
  • 6月3日にデビューした阪神武庫川線の新型車両

イベントの中止・簡素化

   新型コロナウイルスにより様々なイベントが中止に追い込まれているが、鉄道業界も例外ではない。従来、当たり前のように行われていた「さよなら運転」に関するイベントは行われなくなり、新車のデビューに関するイベントも簡素化しているように感じる。

   たとえば阪神武庫川線(武庫川駅~武庫川団地前駅)を走っていた「赤胴車」と言われるツートンカラーの車両は何のイベントもなく、6月2日にひっそりと運行を終了した。翌日からは「タイガース号」などのユニークな新型車両が運行を開始したが、出発式は行われなかった。

   昨年までは一眼レフカメラを持った鉄道ファンがイベントに集まり、そこから新車・引退情報が拡散されていた。そのため拡散力が落ちるのではないかと心配した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中