2020年 10月 25日 (日)

「#コロナに負けるな千葉ロッテ」 鳥谷ら11人陽性でファン応援

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   プロ野球・千葉ロッテマリーンズが2020年10月6日、公式サイトで一軍選手やコーチ、スタッフの計11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

   4日には岩下大輝投手とスタッフ1人が陽性判定を受けていることから、日本のツイッターではチームを応援する声が相次ぎ、ファンが作成したハッシュタグ「#コロナに負けるな千葉ロッテ」がトレンド入りを果たした。

  • 本拠地のZOZOマリンスタジアム
    本拠地のZOZOマリンスタジアム
  • 本拠地のZOZOマリンスタジアム

ファンは「マリーンズ!俺たちがついてるぜ」

   千葉ロッテはPCR検査の結果、

「荻野貴司選手、角中勝也選手、清田育宏選手、菅野剛士選手、鳥谷敬選手、藤岡裕大選手、三木亮選手、伊志嶺翔大コーチ補佐、チームスタッフ3名の計11名が新型コロナウイルス陽性と判定されました」

と発表した。

   発表によると、陽性者の中には発熱の症状を訴えた者が数人いるが、いずれも症状は軽いという。また当日にZOZOマリンスタジアム(千葉市)で行う予定のオリックス・バファローズ戦(18時試合開始)は開催するとのこと。

   選手らの陽性発表を受けて、ツイッターでは「主力選手ばっかり感染してる...大丈夫かコレ?」「選手の皆さんの体調が悪化しませんように。そして、これ以上感染が拡大しませんように」と千葉ロッテを心配する声が相次でいる。

   またスカパー!のプロ野球公式アカウントも、

「優勝争いを繰り広げるなかでショックなニュースです。とにかく陽性となった選手、スタッフの方々が無事完治されることを祈るばかりです」

と選手らの体調を案じた。

   中には「体調面で誰よりも気を使っているプロ野球選手でさえ罹ってしまうのだから、私達ファンはより一層気を引き締めていかなければならない」と注意喚起する声も。

   さらにロッテファンが「#コロナに負けるな千葉ロッテ」のハッシュタグを作成。「みんなで乗り越えよう。頑張れ千葉ロッテ」「これで優勝して日本一になって、世間の期待をいい意味で裏切って欲しい」「マリーンズ!俺たちがついてるぜ」など、チームを応援する投稿が殺到したため、同日この応援タグが日本のツイッターでトレンド1位になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中