2020年 10月 29日 (木)

球場フェンスをペンで「黒塗り」 メディア関係者では?との指摘も...独立リーグでの「目撃報告」が波紋

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   福島県南相馬市の「みちのく鹿島球場」で行われたプロ野球・独立リーグの試合中に、球場のフェンスを「黒いペン」で塗っていた人物がいたという目撃報告が波紋を呼んでいる。

   当時、間近で「黒塗り」行為を見ていた観客は「選手達が活躍する大事な球場を自分勝手な理由で汚すのは許せません」と語る。ただ、南相馬市は黒塗りを行った人物を特定し、フェンスも元の状態に戻されたことから、事態は解決済みとの姿勢を示している。

  • 球場フェンスの「黒塗り」目撃報告が波紋(画像はイメージ)
    球場フェンスの「黒塗り」目撃報告が波紋(画像はイメージ)
  • 「黒塗り」されたフェンス越しにカメラを構える人物(読者提供、編集部修整)
    「黒塗り」されたフェンス越しにカメラを構える人物(読者提供、編集部修整)
  • 球場フェンスの「黒塗り」目撃報告が波紋(画像はイメージ)
  • 「黒塗り」されたフェンス越しにカメラを構える人物(読者提供、編集部修整)

「フェンス越しの撮影」に効果か

   「みちのく鹿島球場」は南相馬市にある収容人数3000人の野球場。市の施設だが、指定管理者は特定非営利活動法人かしま元気スポーツクラブだ。ここで2020年10月3日、ベースボールチャレンジリーグ(BCリーグ)の福島レッドホープス対新潟アルビレックスベースボールクラブのデーゲームが開催されていた。

   しかし、試合中にメディア関係者であることを証明する「メディアパス」を身につけ、カメラを抱えた人物が、スタンド最前にある緑色のフェンスの一部を黒いペンで塗っていたという目撃報告がツイッター上で拡散された。カメラ愛好家の間では、フェンスを黒く塗ることで、フェンス越しに被写体を撮りやすくなる効果などが指摘されている。

   J-CASTニュースが5日、ホームチームの福島レッドホープスの担当者に取材すると、3日の試合では地元紙などのメディアが4社程度訪れていたという。そして7日、現地で試合を見ていた観客の1人に、当時の様子について話を聞くことができた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中