2020年 11月 27日 (金)

ベガルタ仙台「報道までDV非公表」のなぜ 「クラファンとの関係」疑うコメンテーターも

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   J1クラブ、ベガルタ仙台が大揺れだ。所属していたMF道渕諒平(26)が交際女性にDV(家庭内暴力)を繰り返し、逮捕されたと報じられた問題は、それまでの経営難と相まってクラブの「解体論」まで指摘される事態になった。

   仙台は問題発覚の2020年10月20日に会見を開いて、事の経緯を説明したが、なおも不可解な点は残った。そもそもなぜ問題を非公表としてきたか、なぜ報道直後に公表に至ったか。また、道渕の逮捕とDV行為をどこまでクラブが把握していたか、という点も判然としない。

  • ベガルタ仙台はクラウドファンディングで支援を募っている(クラブ公式サイトより)
    ベガルタ仙台はクラウドファンディングで支援を募っている(クラブ公式サイトより)
  • ベガルタ仙台はクラウドファンディングで支援を募っている(クラブ公式サイトより)

「逮捕状が執行」「逮捕の事実は確認していない」

   数々のDVと傷害罪容疑での「逮捕」が2020年10月20日、週刊誌「FLASH」に報じられた道渕については、同日午前に仙台が突然の契約解除を発表。「当クラブが認知していなかった事実など、クラブの秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていた」ためだとしたが、その内容が判然としなかった。発表ではクラブが把握している事の詳細も説明したが、「逮捕」に関する言及はなかった。道渕が「女性とのトラブル」を起こしたとして、その経緯を書いただけだ。

   クラブが「トラブル」を認識したのは8月14日。顧問弁護士から「当人同士で解決することが望ましい」との助言を受け、道渕も代理人弁護士を立てて話し合い、最終的に双方合意の上で解決したとクラブが報告を受けたのは9月5日だった。これと時期を同じくする8月23日~9月13日の5試合で道渕はベンチ外だったが、9月20日の試合で復帰すると10月18日の試合まで7戦連続で出場している。クラブは二度と同様の行為をしないとの誓約書を書かせ、「重い処分」を科した上で活動継続させたが、この処分の内容は明らかになっていない。

   10月20日午後には仙台の菊池秀逸社長、渡辺雅昭取締役、丹治祥庸・強化育成本部長が会見。発表で記載のなかった事実として、8月18日から道渕を自宅待機させ、Jリーグにも事案を報告していたという。9月5日には「示談」が成立したと道渕の代理人弁護士から報告を受けた。

   会見の説明によると、9月7日には道渕に「逮捕状が執行」されたが、すぐに「釈放」され、「微罪処分」だったと同弁護士から聞いたという。だが、逮捕についてクラブが警察に聞いても答えを得られなかったとして、「逮捕の事実は確認していない」とも話しており、ちぐはぐさが残る。さらに、この曖昧な状態で道渕は翌9月8日には練習に復帰している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中