2020年 11月 25日 (水)

「鬼滅の刃」の次に来るジャンプ作品は? 呪術廻戦、チェンソーマン...SNS人気を分析

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   2020年10月中旬、人気アニメ「鬼滅の刃」の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が映画館で公開された。公式発表によれば、公開3日間で動員342万人、興行収入は46億円を記録したという。現在は各地でLiSAさんが担当した主題歌「紅蓮華」が流れ、食品や生活雑貨などの幅広いコラボグッズが販売されており、社会現象と化したコンテンツと言える。

   漫画家・吾峠呼世晴さんによる同名の原作漫画は、2016年から20年の間に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されており、シリーズ累計発行部数は1億を超えた(2020年10月時点)。同期間には、漫画「約束のネバーランド」(原作:白井カイウさん、作画:出水ぽすかさん)も連載されており、こちらもシリーズの累計発行部数は2500万部(10月月時点)を突破する大人気漫画であった。

   ではこの2つのマンガが完結した今、次来る漫画は何だろうか。ファンからは「呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)」、「チェンソーマン」などに注目が集まっている。

  • 次に「週刊少年ジャンプ」の看板を担う作品はどれだろうか?
    次に「週刊少年ジャンプ」の看板を担う作品はどれだろうか?
  • 次に「週刊少年ジャンプ」の看板を担う作品はどれだろうか?

ここ半年で最も盛り上がったのは...

   今回は、「鬼滅の刃」の次枠を担う漫画として2016年以降に連載開始された漫画に注目していく。2016年以降に連載が始まった漫画で、現在ジャンプ本誌に1年以上掲載されているタイトルは、「ぼくたちは勉強ができない」(筒井大志さん)、「Dr.STONE」(原作:稲垣理一郎さん、作画:Boichiさん)、「呪術廻戦」(芥見下々さん)、「チェンソーマン」(藤本タツキさん)、「夜桜さんちの大作戦」(権平ひつじさん)の5作品。

   また連載期間は1年未満であるものの注目されているタイトルには、「アンデッドアンラック」(戸塚慶文さん)が挙げられる。同作は、niconicoとダ・ヴィンチによるユーザー参加型のマンガ賞「次にくるマンガ大賞 2020」で1位を獲得している。

   これらの漫画の中で、ここ半年最も盛り上がった漫画はどれか、SNS分析ツール「ソーシャルインサイト」で、各作品タイトルを用いたツイートの推移を比較した。(なお、ソーシャルインサイトのデータはサンプリングされたものであり全量ではない)。最もツイートされた漫画は「呪術廻戦」で、僅差で次点が「チェンソーマン」。両作の7分の1ほどのツイートで「Dr.STONE」が続き、「アンデッドアンラック」、「ぼくたちは勉強ができない」、「夜桜さんちの大作戦」となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中