2020年 11月 25日 (水)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
討論会の夜、NYの街頭で聞いた「トランプ支持」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   「ここは本当にニューヨークなのか」。狐につままれたような夜だった。民主党支持者が圧倒的に多いニューヨーク市。しかもその傾向がさらに強いマンハッタンの中でも、よりリベラルな地域にも関わらず、米大統領選最後の討論会(米現地時間2020年10月22日)の夜、バーやレストランで言葉を交わした人たちの多くが、意外にもトランプ大統領への支持や好意を示した。

   私が訪ねたいくつかの店の中にはバーもあり、男性客が多かったが、女性同士やカップルも少なくない。コロナ感染や治安の悪化を恐れ、民主党支持者や女性は夜、自宅にいることが多いこともあるのだろうが、ニューヨークらしからぬこの夜の様子を伝えよう。

  • 大統領選の最後の討論会をニューヨークのバーで見る人たち(2020年10月、筆者撮影)
    大統領選の最後の討論会をニューヨークのバーで見る人たち(2020年10月、筆者撮影)
  • 大統領選の最後の討論会をニューヨークのバーで見る人たち(2020年10月、筆者撮影)

前回は民主党支持が圧倒的だった市民

   4年前の大統領選で、ニューヨーク市では79%がクリントン氏、19%がトランプ氏に投票した。マンハッタンではさらにその差は大きく、トランプ氏に投票した人はわずか10%だった。

   新型コロナウイルスの影響で、ニューヨークではレストランやバーの店内で人数を制限すれば飲食できるが、感染を恐れて外のテーブルを利用する人が多い。バーでも食事ができるため、女性客の姿も見られる。

   討論会を見ることができる店を探すのは、結構、大変だった。リベラルな高級住宅地アッパーウエストサイドにあるバーを訪ねると、店主らしき男性が言った。

「うちの店では大統領選の討論会は流さないよ。政治と宗教と居眠りは禁止。それが暗黙の鉄則さ。暴力沙汰になるのは、ごめんだ」

   同じ時間帯に地元ジャイアンツのフットボールの試合が行われたため、そちらを流し、討論会は「音声なし字幕付き」という店も少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中