2020年 11月 25日 (水)

江頭2:50、「被災地救援」秘話明かす 物不足の中、コストコに相談すると...視聴者は感動

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   お笑いタレントの江頭2:50さんが2020年11月6日、自身のYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」を更新し、人生で2回目の大型スーパー「コストコ」に挑戦した。

   前回となる「1回目」はなんと、2011年の東日本大震災で救援物資を調達した日。動画で語ったその詳細が反響を呼んでいる。

  • YouTubeより。救援物資を届けた際の裏話を明かした
    YouTubeより。救援物資を届けた際の裏話を明かした
  • YouTubeより。救援物資を届けた際の裏話を明かした

「持てるだけ持って行ってください」

   今回投稿されたのは「震災でお世話になったコストコで爆買い」という動画。2011年に震災と原発事故で孤立状態にあった福島県いわき市に救援物資を自ら届けた際、大量の物資を快く調達させてくれたのが、このコストコであったことを告白した江頭さんは、あれが人生初の訪問であったと振り返った。

   当時、NHKのニュースで福島の老人ホームに物資が届かず困っている人たちがいると知った江頭さんは「ふざけんじゃねえ!」と怒りを感じたそう。「今被災地に行けるのは俺しかいない」と思い、2トントラックを知り合いから借りたと振り返った。

   震災からまだ10日ほど。被災地以外でも物流も不安定だった中、快く物資調達をさせてくれたのがコストコだったという。江頭さんが「商品を大量に購入させてほしい」と電話を入れたところ、店の責任者は

「持てるだけ持って行ってください。お金は必要ですけど、(必要なものは)全部渡しますから」

と回答。そのおかげで水や食糧、そして大量の日用品を持参できたとのことだ。

動画より
動画より

   「お世話になった」と恩義を感じる江頭さんは「コストコはいいとこ!だから今日はそこに行く」と、意気揚々に出発した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中