2020年 12月 6日 (日)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
勝利信じる「トランプ・ファイター」とは何者なのか

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   「トランプは必ず勝つ。私たちは闘い続ける」――。星条旗や「TRUMP 2020」の大旗を翻し、大型トラックや車のキャラバンが南部テキサス州から東に米国を横断し、首都ワシントンを目指した。

   大統領選は「不正」だと抗議し、トランプ支持者が全米から首都ワシントンに集結した(2020年11月14日)。私も前日に、ニューヨークからワシントン入りした。今回の連載では、トランプ氏の勝利を固く信じ、ともに闘い続ける「ファイター」たちを取り上げる。

  • ワシントンでのトランプ支持者の集会にサウスカロライナ州からやってきた家族。後ろはトランプグッズなどを売る屋台(2020年11月、筆者撮影)
    ワシントンでのトランプ支持者の集会にサウスカロライナ州からやってきた家族。後ろはトランプグッズなどを売る屋台(2020年11月、筆者撮影)
  • ワシントンでのトランプ支持者の集会にサウスカロライナ州からやってきた家族。後ろはトランプグッズなどを売る屋台(2020年11月、筆者撮影)

ワシントンに集結する支持者

   キャラバンだけでなく、南東部ジョージア州など全米から10数時間かけて車で駆けつける人、西部カリフォルニア州やオレゴン州から飛行機でやってくる人たちもいた。

   抗議デモの前に、その噂を聞きつけた反トランプの地元の人たちが、次々にツイッターなどで危機感を露わにした。

「トランプ支持者がワシントンに押しかけてくるそうだ。アメリカは炎に包まれるぞ」
「あいつらは武器を持ってやってくる。危険だ。ワシントンに行くのはやめろ」
「白人至上主義者たちだ。STAY AWAY.(近寄るな)」

   この連載の前々回の記事(2020年11月14日公開)では、「バイデン勝利」を受け止めよう、あるいは受け止めざるを得ないとするトランプ支持者たち、前回 (2020年11月15日公開)は、「メディアが大統領を決めるのか」と、今の流れに強く反発する声を紹介した。

   そして今回は、これからもトランプ氏を支え、共に闘い続けるファイターたちだ。

   一体、彼らは何者なのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中