2021年 12月 1日 (水)

「釣りキチ三平」矢口高雄さん死去 この漫画で釣りを知った...追悼の声相次ぐ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   『釣りキチ三平』などで知られる漫画家の矢口高雄さんが、2020年11月20日に亡くなったことが明らかにされた。81歳だった。

  • 死去を伝えるツイート
    死去を伝えるツイート
  • 死去を伝えるツイート

膵臓がんで半年間闘病していたという

   矢口さんの訃報は、2020年11月25日、矢口さんのツイッターアカウント(@yaguchi_takao)で次女のかおるさんが報告した。

   「父・矢口高雄は11/20に家族が見守るなか、眠るように息を引き取りました」との報告に続ける形で、かおるさんは「今年5月に膵臓がんが見つかり、約半年病気と闘っていました。すごく辛くて苦しかったはずだけど、涙も見せず頑張りました。最後まで格好良い自慢の父でした。パパ、ありがとう。そして、お疲れ様。」とのメッセージを寄せた。

   ツイートには、『釣りキチ三平』の大きなイラストボードと生前の作品たちが飾られた祭壇の写真と、矢口さんがスケッチブックを持ち笑顔で写った写真、可愛らしく加工されたかおるさんとのツーショットとともに、「矢口プロダクション」名義での「代表取締役の逝去に関するお知らせ(訃報)」の文書も添付されている。

   突然の訃報に対し、「矢口先生、沢山の素晴らしい作品を本当に有り難うございました。心からの御冥福を御祈りします。」「天国でゆっくり釣りを楽しんで下さいね。」とファンからの追悼の言葉が投稿されている。

   また、矢口さんの代表作『釣りキチ三平』で釣りを知ったというファンたちからの、「あなたの作品をどれだけ読んで、まだ見ぬ魚に夢膨らませたか。」「子供の頃に夢を見せてくれたのは、釣りキチ三平でした。今も夢から覚めません」「矢口先生と三平君から釣りを教えて頂きました」といったツイートも多く寄せられている。

「横手市増田まんが美術館」でメッセージ受付

   矢口さんが名誉館長を務める「横手市増田まんが美術館」のツイッター公式アカウント(@m_mangamuseum)でも、「横手市増田まんが美術館名誉館長矢口高雄氏に関するお知らせがございます。」として訃報を伝えている。

   「後日、故人を偲ぶ会を予定しておりますが、時節柄、開催の時期をお示しできませんことをご理解ください。なお、まんが美術館ホームページにおきまして、矢口高雄氏に対するメッセージをお預かりするページを開設しておりますので、ご利用くださいますようお知らせいたします」として、矢口さんへのメッセージを受け付けている。

   なお、このメッセージは「今後開催を予定しておりますお別れの会が執り行われるまでの間、大切にお預かりさせていただきます」とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中