2021年 1月 26日 (火)

へずまりゅうの「弟子」が逮捕されるまで 好青年はなぜ「迷惑系YouTuber」と化したか

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   墓地で卒塔婆(そとば)を振り回すなどしたとして、山口県警防府署は2020年12月3日日、ユーチューバーの川西康司(こうじ)容疑者(28)を礼拝所不敬容疑で逮捕した。容疑を認めているという。各メディアが報じた。

   川西氏は、先日、逮捕・起訴された迷惑系ユーチューバー「へずまりゅう」の弟子を名乗り、過激な動画をたびたび投稿していた。「NHKから国民を守る党(21年1月から『ゴルフ党』に変更予定)」の公認を受け、政治活動も行っていた。

  • ネットに転載された動画
    ネットに転載された動画
  • ネットに転載された動画

「余罪」続々

   問題の行為は、川西氏が11月30日にユーチューブに投稿した動画に収められている(現在は削除)。

   タイトルの「墓場あらしてやった!」の通り、川西氏とみられる男性が墓碑に乗り、卒塔婆を振り回す。「死んで当然じゃお前ら!」「生き返りてえか、おい〇○」「不謹慎ユーチューバーナンバーワン」などと終始、奇声を上げている。

   そのほかの動画でも、川西氏の常軌を逸した言動が確認できる。

・「アフガニスタンのクソガキ、見てるか」と叫びながら菓子パンとおにぎりを踏み潰す
・戦国武将毛利元就の像の台座にのぼり、像を殴打
・神社の鈴縄にぶら下がり、「コロナで全員死にますように」と祈願
・野良猫にエサのようなものを投げつける
・釣った魚を車で轢き潰す
・メダルゲーム中の客から、メダルを窃盗
・タヌキの死骸とともに「轢き殺した」と主張
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中