2021年 5月 16日 (日)

「引退発表」キートン山田に労いの声  まる子役・TARAKOは「一人で泣きました」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)で、約30年にわたってナレーションを務めてきたキートン山田さん(75)の「引退発表」に、ツイッターでは労いの声が寄せられている。

   キートン山田さんは2021年3月28日の放送をもって、「ちびまる子ちゃん」を卒業。所属事務所の発表によれば、3月末日をもって「引退」するという。

  • キートン山田さん
    キートン山田さん
  • キートン山田さん

「あの名セリフが聞けなくなると寂しい」

   1990年の放送開始時から「ちびまる子ちゃん」のナレーションを務めてきたキートン山田さん。登場キャラクターへの冷静なツッコミや、前後編の際に流れる「後半へ続く」といったセリフでおなじみだ。

   番組卒業にあたっては本人より申し出があったという。キートン山田さんは「ちびまる子ちゃん」からの卒業発表につき、

「・・・・・・・・・・スタッフの皆さん、・・・・・・・・・・キャストの皆さん、・・・・・・・・・・・そして『ちびまる子ちゃん』ファンの皆さん、ありがとうございました!! 番組はまだまだ『後半へつづく』 のである」

とコメント。

   ツイッターでは、キートン山田さんに対する労いの声が寄せられている。

「心温まるナレーションありがとうございました!」
「個人的にはキートン山田さんのツッコミ目当てで見てたので残念です」
「あの名セリフが聞けなくなると寂しくなります」
「お疲れ様でした 日曜が終わってしまう憂鬱感も半減するまる子ちゃんに厳しめの大好きなナレーションでした」

   また、キートン山田さんは「ちびまる子ちゃん」以外にも、「銀河英雄伝説」「ドラゴンクエスト」「機動戦士Ζガンダム」「ゲッターロボ」といった数々の作品に出演。

「自分の中ではやはりアベル伝説のヤナックが印象的な、この方にしかできない声優さんです。本当にありがとうございました!」
「キートン山田さん、銀河英雄伝説のキャゼルヌ中将役でほんとによかった」
「本当にお疲れ様でした。まるちゃんのナレーションが印象深いけど、ゲッターロボの神隼人のニヒルな感じとか、ゼータのジャマイカンの存在感とか好きでした」

といったコメントが見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中