2021年 4月 13日 (火)

渡部建、「公開謝罪」不発の絶体絶命 「児嶋との再会見」ならムード変わる?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   世間を騒がせた記者会見から4日。お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)についての波風が収まらない。スポーツニッポン(スポニチアネックス)は2020年12月7日、大晦日に放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)の「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」について、渡部さんの出演部分を日本テレビが「"お蔵入り"にする方向で調整している」と報道したのだ。

  • 3日に記者会見を開いた渡部建さん
    3日に記者会見を開いた渡部建さん
  • 3日に記者会見を開いた渡部建さん

松本人志、会見直前に「オレと渡部の共演は当分無いと思うよ?」

   番組をめぐっては「週刊女性」(12月1・8日号)が11月17日に、渡部さんが出演するとの記事を掲載したほか、3日後の20日にはスポニチが、「年末特番で電撃復帰することが19日、分かった」「『絶対に笑ってはいけない』シリーズで、10月下旬に番組からのオファーを受け、決断した」と報じるなど、渡部さんが番組に出演するという方向で話が進んでいたが、それに対する猛反発があったのは周知の通り。このため、番組側が世論に押される形で渡部さんの出演シーンを「全カット」する方向で調整を行っているということになる。

   ただ、その兆候はすでに「出ていた」と言って良いだろう。記者会見が開かれる直前となる3日の18時台に、「絶対に笑ってはいけない」出演する「ダウンタウン」の松本人志さんはツイッターで、「あえて会見の前に。。。オレと渡部の共演は当分無いと思うよ?」と発言。また、6日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)では「年末はお子様からお年寄りまで安心して見ることができる内容になってますので、是非ご覧ください」と発言するなど、渡部さんの出演シーンが「全カット」されることを匂わせていたからだ。

強かった「順序の違い」批判

   まさに、復帰の千載一遇のチャンスを逃したと言うべき状況の渡部さんだが、今回の失敗は必然だったと言えるだろう。なぜなら、不倫騒動が発生したのは6月11日に首都圏などで発売された「週刊文春」(6月18日号)による報道がきっかけであり、会見はその半年後。このため、ネット上には、

「渡部は、会見が遅過ぎた事、ガキ使が決まって、報道されてからの順番違いの会見という事」
「渡部さん会見しない方がよかったんじゃ...質問に全く答えてない...」
「結局、渡部の会見って謝罪会見だったの?復帰会見だったの?」

といった批判の声が噴出。記者会見の情報よりも「ガキ使出演報道」が先に出てしまったという「ボタンの掛け違え」に加え、聞かれていたことに答えていなかったという、「謝罪会見」としては不十分な内容。さらには、騒動後初の会見が半年後と言う時期であるがために、そもそもが「謝罪会見」なのか「復帰会見」なのかすら釈然としないという中途半端さも、渡部さんの記者会見が失敗した要素と言えるだろう。

ビートたけし「ちょっと腕がなさ過ぎた」

   これにより、活動休止期間が「延長」されてしまった渡部さんだが、今後、やはり渡部さんが復帰を望むのであれば、今回の会見が「半年遅れの謝罪会見」だったと位置づけた上で、再度、復帰会見を開く必要があるだろう。実際、渡部さんは3日の会見で、記者から「謝罪会見なのか? 復帰会見なのか?」との問いに対し、「謝罪会見です」と回答しており、となれば、再度の活動休止期間を経た上で復帰会見を行えば、今度は、「渡部は謝罪会見と活動自粛の順番が逆やろ」といった批判は出てこなくなるからだ。ただ、その場合、もはや、渡部さん単独による記者会見はすべきではないかもしれない。

というのも3日の会見について、5日に放送された「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)でパネリストを務めるビートたけしさん(73)は、会見について、「笑いをとって恥をかかないと」「ちょっと腕がなさ過ぎた」と、その「敗因」を分析し、渡部さんのお笑い芸人としての力量が会見を開くに足りていないとの指摘を行っていたのだ。

   となると、今後、渡部さんが復帰会見を行う際には誰かの助けが必要になるわけだが、それを務めるのに最も適切と考えられるのが、やはり、相方の児嶋一哉さん(48)だ。相方たる児島さんが復帰会見に同席すれば、それはすなわち、相方が渡部さんを許したということであり、妻の佐々木希さん(32)に離婚の意思がないとされる現状では、もはや、「視聴者が渡部さんの周囲の人間の怒りを代弁する」ことは出来なくなるからだ。

   それを見越してか、6日の「ワイドナショー」で松本さんは「こういう時こそ相方と向き合うことが大事なんじゃないかと思った」とも発言していた。この言葉を噛み締めることこそ、今の渡部さんが最もすべきことなのではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中