2021年 1月 21日 (木)

まさにゲーミングラーメン!? 「究極のSNS映え」目指した7色の一杯が、「想定外」の反響を引き起こした

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   SNS映え投稿分析を手掛ける合同会社SNAPLACE(東京都品川区)は2020年12月8日、外食産業で知られるアスラポート(東京都中央区)と共同で、「究極のSNS映えラーメン」を開発したと発表した。「ハッピーレインボーラーメン」と名付けられたこのラーメンには、鮮やかな7色に色付けしたチーズフォンデュソースが絡んだチャーシューが盛り付けられている。

   インターネット上ではこのビジュアルが話題となり、一部から「ゲーミングラーメン」と呼ばれ始めている。

  • 「ハッピーレインボーラーメン」
    「ハッピーレインボーラーメン」
  • 麺を箸で持ち上げると、レインボーチーズが麺に絡んでさらにインパクトのあるビジュアルに
    麺を箸で持ち上げると、レインボーチーズが麺に絡んでさらにインパクトのあるビジュアルに
  • 「ハッピーレインボーラーメン」
  • 麺を箸で持ち上げると、レインボーチーズが麺に絡んでさらにインパクトのあるビジュアルに

七色に発光させるGIF画像も登場

   「ハッピーレインボーラーメン」は、コロナ禍において苦境に立たされている飲食業界に明るい話題をもたらすことを目指し、SNS映えを追求して開発された。元となったのは、アスラポートのラーメンチェーン「札幌ラーメン どさん子」の味噌カレーラーメン。トッピングには野菜炒め、味玉1個、チャーシュー7枚が添えられている。チャーシューにはそれぞれ、7色に色付けされたチーズフォンデュソースが絡んでおり虹色に配置されている。麺を箸で持ち上げると、レインボーチーズが麺に絡んでさらにインパクトのあるビジュアルになるという。

   インターネット上ではこのビジュアルが話題となり、「ゲーミングラーメン」と称する声も上がっている。ネット用語などを解説するウェブサイト「ニコニコ大百科」によれば、「ゲーミング」は、「ゲーム用に作られた」、「ゲーム専用の」という形容詞として用いられてきたが、転じて「色の変化する、七色に変わる、鮮やかに光る、スペクトルに色が変化する機械やもの」といった使われ方をしているという。これは虹色に発光するゲーミングデバイスが登場した影響によるものとみられる。

   こうした意味合いから、公開されている「ハッピーレインボーラーメン」の画像を七色に発光させるGIFを投稿する人までも現れた。この反響も投稿分析で狙ったものだったのか。J-CASTニュースの取材に対し、合同会社SNAPLACEはこう述べる。

「こちらは全く想定しておりませんでした」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中