2021年 1月 21日 (木)

ミロ「爆売れ」余波で競合製品も好調 「増産計画を組んでいる」社も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ネスレ日本の麦芽飲料「ネスレ ミロ」(以下、ミロ)が急激な需要増加を受けて販売休止となる中、「競合飲料」に注目が集まっている。

   ロート製薬と森永製菓の広報担当者は、今回のブームの余波で、ミロと競合する飲料の売り上げが伸びたことを、J-CASTニュースの取材に対して明かした。さらなる需要増加を見込み、「増産計画」を組んでいるものもあるという。

  • ミロの販売休止で「競合商品」に注目集まる(画像はそれぞれ森永製菓、ロート製薬の公式サイトより)
    ミロの販売休止で「競合商品」に注目集まる(画像はそれぞれ森永製菓、ロート製薬の公式サイトより)
  • 「メルカリ」で転売されている「ミロ」
    「メルカリ」で転売されている「ミロ」
  • ミロの販売休止で「競合商品」に注目集まる(画像はそれぞれ森永製菓、ロート製薬の公式サイトより)
  • 「メルカリ」で転売されている「ミロ」

「鉄分を気軽に補給」SNSで話題になったミロ

   ココア味の麦芽飲料の「ミロ」は緑色のパッケージで知られる。本来は「子どもの成長に必要な栄養素をしっかり」という商品コンセプトのもと、成長期の子どもの栄養補給に役立つことを目的としている栄養機能食品だ。今年夏には、貧血に悩まされるSNS上の女性の間で「鉄分が気軽に補給できる」と話題に。大きく売り上げを伸ばした。

   しかし、急激な需要増加に供給が追い付かず、20年9月末には「ネスレ ミロ オリジナル 240g」の販売を一時休止。11月16日から出荷を再開したものの、ネスレ日本は12月8日のニュースリリースで「前年比で約7倍(数量ベース)のご注文が続き、供給計画をはるかに上回った」とし、同日から再度販売休止となった。同社は「十分な供給体制を整えるのに時間を要します」としており、販売再開は21年3月以降になる見通しだという。

   ミロの販売休止を受け、ツイッター上では「マジかよ再開したと思ったのに...」「これから朝ごはんはどうすればいいんだ」とショックの声が広がった。一方で、フリマアプリ「メルカリ」などではミロが高額で販売されている例も確認でき、「今度はミロが転売ターゲットっすか」「本気でやめてほしい」と嘆く声もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中