2021年 1月 23日 (土)

cakes連載中止にネット反響 「自殺」題材コラムで打診、運営企業noteへ経緯を聞いた

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   コンテンツ有料配信サイト「cakes(ケイクス)」への連載を中止した対応について、声優が姉妹サービス「note」への投稿で不満を訴えている。

   連載は、自殺した友人についてのものだったという。サイトを運営するnote社の広報担当者に話を聞いた。

  • cakesはツイッター上で謝罪
    cakesはツイッター上で謝罪
  • cakesはツイッター上で謝罪

遺族から協力を得て、自殺した友人について12回分書く

   この声優は2020年6月、友人について書いたnote への投稿が「cakesクリエイターコンテスト」で受賞し、cakesに連載することも可能になった。

   声優が今回のことでnoteに書いた12月9日の投稿によると、遺族から遺書提供などの協力を得て、友人のことについて連載することになり、編集者のアドバイスを受けながら、11月上旬からの予定で12回分を書いた。

   ところが、10月に入って、写真家がcakes でのコラムでDV被害の相談者をウソつきだとしてネット炎上し、note側がcakesサイトで謝罪する騒ぎが起きた。すると、数日経ってから、自殺というセンシティブな内容のため、編集者から書き直すよう言われ、さらにフィクションの形を打診されたという。声優が難色を示すと、編集長からは、内容に問題があるとして、掲載できないとメールが来た。

   cakesを巡っては、11月にも炎上騒ぎがあり、同月末に編集長が交代した。その後、執行役員からは、声優に非はなく、炎上騒ぎのためだと説明を受け、1回7000円の原稿料を支払うと言われたという。

   これに対し、声優は、協力を受けた遺族には何と説明していいのかと投稿で悩みを打ち明けている。

   このnote投稿は、ネット上で、大きな反響を呼び、様々な意見が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中