2021年 5月 8日 (土)

菅首相「いつの間にかGoToが悪いことに...」 「アクセルとブレーキ」論にも反論

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   菅義偉首相は2020年12月11日に出演した「ニコニコ生放送」の番組で、政府観光支援事業「GoToトラベル」について、政府が運用を一時停止する検討を始めたとの報道について、「まだそこは考えていません」と否定した。

   この日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は、感染が急増している「ステージ3」相当だと分科会がみる地域について、「拡大継続」「高止まり」「減少」の3つに分け、そのうち「拡大継続」「高止まり」にあたる地域については事業の一時停止を求めることを決めたばかり。菅氏は「いつの間にかGoToが悪いことに...」などと述べながら、事業の扱いについて「それぞれの自治体と調整していく」とした。さらに、「経済を壊してしまったら大変なことになる」などと経済の重要性を繰り返し、「アクセルとブレーキを両方踏んでいる」という批判にも言及した。

  • 記者会見する菅義偉首相(2020年12月4日撮影)
    記者会見する菅義偉首相(2020年12月4日撮影)
  • 記者会見する菅義偉首相(2020年12月4日撮影)

GoTo運用は「それぞれの自治体と調整していく」

   菅氏は「運用の一時停止を検討」報道を否定した直後、次のように話した。

「考えていないというか、今日、提言を受けたわけだから、その提言を受けて、特に第3ステージ(ステージ3)、感染拡大が多いところについては、しっかりした対応を取るようにと言われているので、今、ちょうど関係閣僚が集まって会議をして帰ってきたところだが、西村(康稔・経済再生担当)大臣を中心に、それぞれの首長と、これから調整をするところだ」

   その上で菅氏は、

「分科会で、移動については感染(のリスク)は低いという提言を、かつてしていただいている」

と主張。それでも感染が広がり、12月15日まで札幌市・大阪市での事業を停止し、12月17日まで東京都で65歳以上の高齢者と基礎疾患を持つ人の利用自粛を求めていることを念頭に、

「そうしたことも含めて、それぞれの自治体と調整していく」

と話した。菅氏が言及した「感染が低いという提言」が、どの提言を指しているかは不明だが、7月16日に分科会が出した「GO TO トラベル事業に関する政府への提言」の、

「当面の間は、積極的に東京都から他の道府県への移動及び他の道府県から東京都への移動を支援するGO TO トラベル事業を行うことについては延期すべきである」
「上記以外のGO TO トラベル事業については実施しても差し支えない」

という部分を念頭に置いている可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中