2021年 1月 21日 (木)

「ロマゴンVSエストラーダ」来年3月プラン浮上! 実現すれば12年以来の再戦に

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ボクシングのWBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)とWBC世界スーパーフライ級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が来年3月に対戦する可能性が浮上した。スポーツ専門チャンネル「ESPNデポルテス」(WEB版)が2020年12月17日、報じた。両者の対戦が実現すれば2012年11月以来の再戦となる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「クリスマスが私たちに何をもたらすのか...」

   「ESPNデポルテス」によると、英国人プロモーターのエディー・ハーン氏がゴンサレス対エストラーダ戦について言及。両陣営が来年3月の再戦に関する署名を行うことが出来るとしている。

   ハーン氏は「ESPNデポルテス」のインタビューに対し「数時間の間にュースがあるでしょう。クリスマスが私たちに何をもたらすのか分かります。彼らに良いニュースを伝えたいと思っています」と語っている。

   ゴンサレスとエストラーダはかねてから対戦を熱望しており、ビッグマッチにふさわしい1億円以上のビッグマネーを求めていた。新型コロナウイルスの影響で無観客試合が続いており、チケット収入が見込めないことから実現は難しいとみられていたが、ここにきてようやく対戦の見通しが立ったようだ。12年11月の対戦時は、WBAライトフライ級王者だったゴンサレスが3-0の判定でエストラーダを下している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中