2021年 1月 19日 (火)

「もう看護師はしない」ツイートが大反響 背景には「労働環境・待遇への不満」も...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   勤め先の病院を辞め、もう看護師はしないと明言したツイッター上の投稿が、大きな反響を呼んでいる。

   理由ははっきりしないが、コロナ禍の中での待遇面の不満もあると見られている。日本看護協会も2020年12月22日に記者会見し、看護師の労働環境が悪化して、離職も相次いでいることを明らかにした。

  • 環境悪化で離職も相次いで…(写真はイメージ)
    環境悪化で離職も相次いで…(写真はイメージ)
  • 環境悪化で離職も相次いで…(写真はイメージ)

看護師がトイレ掃除や衣類の洗濯などもしなければならず...

   ツイートした看護師は、大学を出て3年ぐらいこの仕事を続け、患者にほめられてうれしかったときもあるが、上司とうまくいかず、精神的にも参ってしまったとして、度々仕事を辞めたいと明かしていた。

   待遇面にも不満があったらしく、8月には「お金配りおじさん」を自称するZOZO創業者の前澤友作さんに向け、医療従事者限定でお願いできないかとツイートしていたほどだ。

   その後も、仕事への愚痴は続き、12月20日ごろになって、看護師を辞め、もう2度としないと告白した。

   このツイートには、10万件以上もの「いいね」が寄せられ、看護師にねぎらいの言葉がかけられている。同時に、同職とみられる人たちから、その気持ちが分かるとして、自分も辞めたいと漏らす声も相次いでいた。

   医療関係者にとっては、この春からコロナ対応を強いられており、疲労も相当たまっているようだ。労働環境の悪化などから、看護師らが大量退職した病院も報じられているが、日本看護協会は22日、東京都内で記者会見して、さらに環境が悪化している現状を明らかにした。

   それによると、清掃業者などが感染を恐れて来ないため、看護師がトイレ掃除や衣類の洗濯などもしなければならず、年末で辞めたいとの申し出も少なくないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中