2021年 5月 7日 (金)

東京五輪「開催」論への影響は? 1都3県で「緊急事態宣言」発令へ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   菅義偉首相は2021年1月5日、首都圏1都3県を対象とする緊急事態宣言の発令を7日に決定する方針を自民党の役員会で表明した。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻さを増すなかでの対応で、今夏の開催を目指して準備が進んでいる東京五輪への影響が懸念される。東京五輪まですでに200日を切っており、五輪開催へ向けて不安が広がるなか予断を許さない状況になってきた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

大晦日の「最多」確認に続き、1月5日には2番目に多い人数

   新型コロナウイルスの影響で今夏に延期された東京五輪。その開催地である東京がウイルスの猛威に脅かされている。東京都内では5日に新たに1278人の感染が確認された。これは2020年12月31日の1337人に次いで2番目に多い人数だ。政府による緊急事態宣言、そして収束する気配が見えないウイルスの感染拡大。このような状況下で、今夏に予定する東京五輪は開催出来るのだろうか。

   英紙「ガーディアン」(WEB版)は21年1月4日(現地時間)、ウイルスの感染拡大が止まらない東京の現状を踏まえ、東京五輪開催に悲観的な論調で記事を掲載している。記事では、東京都が中央政府に緊急事態宣言を要請したことに触れ、ヨーロッパのほとんどはこれまで以上に厳重に封鎖されており、東京五輪の開催を期待することは科学ではなく、信仰行為のように感じられるとしている。

   五輪開催へ逆風が強まるなか、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は開催へ向けて自信を見せた。スポーツ紙などの報道によると、山下会長は5日、オンラインで職員に年頭のあいさつを行い、東京五輪開催に「揺るぎない決意を持っていると」と述べたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中