2021年 1月 20日 (水)

アドレス、ゲットだぜ! あるあるに満ちたスマホゲーム「たたかえ!マッチングアプリ」開発秘話

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   「プロフィールの写真と全然ちがうじゃないですか!」「会う約束できた途端にメッセージの頻度かなり落とすんですね!」――こんな婚活やマッチングアプリでよく見るセリフでメンタルを削りあうバトルゲームが登場した。このスマートフォン向けアプリゲーム「たたかえ!マッチングアプリ」は、ユーザーらの間で「特徴掴みすぎ」、「芸が細かい」とそのリアルさが好評だ。

   J-CASTニュースは、制作した沖縄県那覇市のゲーム制作会社UeharaLaboにメールで取材した。

  • スマートフォン向けアプリゲーム「たたかえ!マッチングアプリ」
    スマートフォン向けアプリゲーム「たたかえ!マッチングアプリ」
  • 相手が指摘されたくないことを辛口でツッコむ
    相手が指摘されたくないことを辛口でツッコむ
  • どこか既視感を感じるゲーム
    どこか既視感を感じるゲーム
  • 千人以上のプロフィールを参考にしたという
    千人以上のプロフィールを参考にしたという
  • スマートフォン向けアプリゲーム「たたかえ!マッチングアプリ」
  • 相手が指摘されたくないことを辛口でツッコむ
  • どこか既視感を感じるゲーム
  • 千人以上のプロフィールを参考にしたという

「まわりからは年齢より若く見えるといわれます!」

   男友達すらいない主人公・マチは、「素敵な彼氏」を夢見てマッチングアプリを始めることにした。しかし「はかせ」はそれを制止し、「まずはたくさん男友達をつくること」を提案する。そこでマチは、「はかせ」から託された「男図鑑(アドレス帳)」が全部埋まるまで、マッチングアプリで男友達を作ることとなった。

   「いいね!」してきた男たちとマッチングが成立すると、いよいよバトルが始まる。敵...友達ではなく彼女や遊び相手が欲しい男たちは、あの手この手でマチを口説いてくる。

「まわりからは年齢より若く見えるといわれます!」

   プレイヤーが操作するマチは、相手が指摘されたくないことを辛口でツッコむ。

「年齢差は私が気にするんです!」
ゲーム画面
ゲーム画面

   こうして敵のメンタル弱らせていく。ある程度弱ったら「ゲット」を選択し、連絡先を聞き出す。見事アドレスをゲットできると、男たちが図鑑に登録される仕組みだ。BGMや演出などにどこか既視感を感じるゲームとなっており、プレイしたユーザーからは「ポケモンが始まった」という声もあがった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中