2021年 3月 1日 (月)

迷惑系YouTuber、進むオワコン化 へずまりゅうも「引退」...専門家「食えないジャンルになっている」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「迷惑系というジャンルは役割を終えた」

   併せて、井上氏は迷惑系YouTuberというジャンルが廃れ始めているとも指摘する。

「迷惑系に対する世間からの批判は、当然と言えばそれまでですが、やはり、これでもかとばかりに強い。へずまさんの例を見てみると分かりますが、実際にニュースとして報じられた際のヤフーコメントを見てみますと、ほぼ全てが『全否定』のコメント。それが1つの記事につき2000件、3000件といったレベルで押し寄せるわけです。

   こうなってしまっては初出の時こそ名前は売れますが、その後はただただ罵詈雑言を浴びるだけであり、自身のチャンネルの再生回数にはあまりつながりません。この状況はへずまさんに限ったことではないため、迷惑系自体が食えないジャンルになり始めている感はあります」
「このような状況ですから、やはり、迷惑系の転身は今後相次ぐのではないでしょうか。もはや、迷惑系というジャンルは役割を終えたように感じられます。

   なので、今後、もし、迷惑系に再び注目が集まるとするならば、よほどキャラが立っているとか、迷惑行為の後に落ちがあって『笑い』という救いがあるといった、『洗練された迷惑行為』が出来る人が現れるといったことが起きなければ難しいでしょう」

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中