2021年 3月 8日 (月)

国税庁のイベントでクラフトビール買えるぞ! コロナ禍の業界支援策、参加方法は?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   国税庁は2021年1月23日、30日、2月6日、13日に「クラフトビール・オンラインフェス」を開催する。

   内容は参加者が事前に指定のクラフトビールを購入し、開催日に配信されるプログラムを視聴するというもの。一般的にお堅いイメージのある国税庁が行っているイベントということもあり、SNSで注目を集めている。

  • 国税庁主催の「クラフトビール・オンラインフェス」とは
    国税庁主催の「クラフトビール・オンラインフェス」とは
  • 参加メーカー・ビアパプリスト第1回、第2回
    参加メーカー・ビアパプリスト第1回、第2回
  • 参加メーカー・ビアパプリスト第3回、第4回(画像は特設サイトより)
    参加メーカー・ビアパプリスト第3回、第4回(画像は特設サイトより)
  • 国税庁主催の「クラフトビール・オンラインフェス」とは
  • 参加メーカー・ビアパプリスト第1回、第2回
  • 参加メーカー・ビアパプリスト第3回、第4回(画像は特設サイトより)

「ちょっと惹かれる」「やばいフェス」

   国税庁主催のクラフトビール・オンラインフェスに対し、ツイッターでは

「国税庁とクラフトビールが全然繋がりが無さそうで逆に面白いですねー」
「クラフトビールが好きなので、ちょっと惹かれる...」
「ラインナップがすごくいい。少々面倒くささはあるものの、こだわりのクラフトビールが送料無料で手元に届くやばいフェスだった」

といった声が寄せられている。ただ、ユーザーの興味を集める一方で、参加方法やビールの購入法に対して「わかりにくい」との意見も散見された。

   なぜ国税庁はこのイベントを開催するに至ったのだろうか。J-CASTニュースは2020年1月8日、クラフトビール・オンラインフェス運営事務局(JTB コミュニケーションデザイン)の担当者を取材した。

   本イベントの開催は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、飲食店を中心に酒類の国内消費が大きく減少していることが背景にある。担当者によれば、クラフトビールに接する新しい消費者を増やし、「人の流れと町の賑わいの創出」と「地域経済の再活性化」を図ることが目的だという。

   主催は国税庁だが、運営業務はイベント企画・運営などを手掛けるJTB コミュニケーションデザイン(東京都港区)が担う。国税庁は「酒類業の所管官庁」であることから、主催になっている理由に関しては、

「感染症拡大の影響により苦しい状況にある酒類業界を支援するため、国税庁は令和2年度第一次補正予算で『酒類の国内消費回復・拡大支援事業』を措置しています。事業では消費者向けイベント等を実施することとし、本イベントはその趣旨のもと開催されます」(運営事務局の担当者)

   と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中