2021年 6月 25日 (金)

井上尚弥「王座統一」の大きな壁? WBC王座めぐる混沌はいつまで続くのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ボクシングのWBCバンタム級戦線が混沌としてきた。フィリピンメディア「Rappler.com」は2021年1月27日、世界5階級制覇王者でWBC同級1位ノニト・ドネア(フィリピン)の次戦に関して報じた。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

ドネア次戦はウバーリ防衛戦の勝者に

   同メディアによると、ドネアの次戦は3月に予定されているWBC同級正規王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)の防衛戦の勝者になるという。WBCがウバーリ陣営に対して指令を下したとしている。WBCバンタム級は暫定王座が設けられているが、これにより正規王座との王座統一は遠のく見通しだ。

   WBCバンタム級正規王者ウバーリは当初、昨年12月にドネアとの防衛戦を予定していたが、ウバーリが新型コロナウイルスの陽性反応を示したため出場を辞退。防衛戦がキャンセルされたことで急きょドネアとエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)による王座決定戦が設定された。

   ところが今度はドネアが新型コロナウイルスの陽性反応を示したため、WBCは暫定王座を設定し、暫定王座決定戦が行われることになった。暫定王座決定戦は昨年12月に行われ、ロドリゲスとレイマート・ガバリョ(フィリピン)が王座を争った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中