2021年 2月 26日 (金)

井上尚弥「現役は35歳まで」 具志堅用高は26歳で引退...選手生命が伸びた要因は?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ボクシングのWBA、IBF王者・井上尚弥(大橋)は自身の引き際について「35歳」をひとつのメドにしている。27歳にして世界3階級を制覇し、これまでに4本の世界ベルトを手にした。「モンスター」の愛称は世界のボクシングファンに浸透し、海外メディアが格付けするパウンド・フォー・パウンド(PFP)では上位に進出。井上は35歳までの現役生活でどのようなパフォーマンスを披露するのか。期待は高まるばかりだ。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

42歳のパッキャオはいまなお世界のトップに

   世界的にみて30歳を過ぎた世界王者は多数おり、有名なとろころでいえば、世界6階級制覇でWBA世界ウエルター級休養王者マニー・パッキャオ(フィリピン)は42歳にしていまだ世界の第一線で活躍している。井上が保持するWBAバンタム級王座では、40歳のギレルモ・リゴンドー(キューバ)がレギュラー王者に君臨している。いずれも40歳超えの現役世界王者だ。

   日本人の世界王者に目を向けると、2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太(帝拳)は、31歳の時にWBA世界ミドル級王座を獲得。今21年1月に35歳となった村田はWBAミドル級のスーパー王者に昇格し、IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦を目指している。また、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)は31歳にして世界的評価が上昇している。

   近年の元世界王者でいえば、世界3階級制覇の長谷川穂積氏、元WBC世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃氏、元WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志氏、元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏、世界3階級制覇の八重樫東氏らが30歳を過ぎてからも輝かしい実績を残している。このように近年の傾向をみれば、井上が35歳までトップを走り続けることは十分に可能だろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中