2021年 3月 5日 (金)

メルカリ「米国攻勢」で株価好調 スーパーボウルでもCM放映、現地投資家にアピール

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   フリーマーケットアプリのメルカリの株価が2021年2月16日、一時6400円まで上昇し、上場来高値を更新した。

   メルカリ株は12日、東証マザーズに18年6月に新規上場した際の高値(6000円)を2年8か月ぶりに上回る6230円を記録したばかり。米スーパーボウルへの広告初出稿の影響で、海外勢による買いも多かったとされることも、株価上昇の一因とみられる。

  • メルカリ株の勢いが止まらない
    メルカリ株の勢いが止まらない
  • メルカリ株の勢いが止まらない

「30秒5億」のスーパーボウルCM

   メルカリが2月4日に発表した20年12月中間連結決算は中間期として初の営業黒字を記録する内容ではあったが、取引額の伸びの鈍化などが嫌気され、5日はむしろ売り浴びせられた。

   ただ、果敢に米国市場に挑戦する姿勢などを見直す買いが入り2月第2週に株価はぐんぐん上昇。現地時間2月7日夜の米スーパーボウルへの広告初出稿の影響で海外勢による買いも多かったとされている。

   スーパーボウルは、毎年この時期に行われる米アメフトリーグ「NFL」のシーズン王者を決める試合。例年40%近くの視聴率をたたき出す、米国の一大スポーツイベントだ。今年はフロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムで行われ、タンパベイ・バッカニアーズがカンザスシティ・チーフスを31対9で破って18年ぶり2回目の優勝を果たした。

   NFL公式サイトによれば今回のスーパーボウルの総視聴者数(米国)は9640万人を記録した。そんなお祭り騒ぎだけにCMも名だたる大手企業がこの試合のためのものを作る。その中身が話題になることも多く、広告料は30秒で5億円を超えるとも言われる。

   米国事業をより軌道に乗せたいメルカリは今年初めてスーパーボウルに15秒の広告を出稿した。それが米国人投資家の記憶に残り、決算内容などを確認しての買いが広がった、と指摘する市場関係者もいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中