2021年 2月 28日 (日)

居酒屋客に「感染症対策料」を請求 モンテローザが試験導入も...わずか12日で中止に

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大手居酒屋チェーンの店に入ったら、「感染症対策料」を取られた――こんな報告がツイッター上で相次ぎ、戸惑いの声も漏れた。

   これに対し、運営会社のモンテローザは、一部店舗で試験的に導入していたとしたうえで、その徴収を中止にしたことを取材に明らかにした。

  • 伝票に「感染症対策料」の項目が(写真は、Ubereats foodneko menu Chompy Wolt 東京 夜 自転車 Mako@MakoFoodDeliさん提供)
    伝票に「感染症対策料」の項目が(写真は、Ubereats foodneko menu Chompy Wolt 東京 夜 自転車 Mako@MakoFoodDeliさん提供)
  • 「目利きの銀二」店頭にあったという貼り紙。あきおじ@無責任系ウーバー配達員(@akioji0715)さん提供
    「目利きの銀二」店頭にあったという貼り紙。あきおじ@無責任系ウーバー配達員(@akioji0715)さん提供
  • 伝票に「感染症対策料」の項目が(写真は、Ubereats foodneko menu Chompy Wolt 東京 夜 自転車 Mako@MakoFoodDeliさん提供)
  • 「目利きの銀二」店頭にあったという貼り紙。あきおじ@無責任系ウーバー配達員(@akioji0715)さん提供

店の入り口には貼り紙もあったが、店員の説明などはなかったと不満も

   居酒屋「目利きの銀次」で食事や飲み放題メニューを楽しんだ後、ふと伝票を見ると、「感染症対策料」が目に飛び込んできた。

   「お通」代438円のチャージに加え、1人30円徴収となっている。あるツイッターユーザーは2021年2月14日、伝票の写真を投稿して、店員の説明やメニューなどにもなかったとして、このように不満を露わにした。

   感染症対策料を取られたとの報告は、11日ごろからツイッターで相次ぎ、その証拠として、レシートなどの写真がアップされている。

   その一方で、店舗の入り口には、「感染症対策特別料金について」とした貼り紙が掲げられていたとの写真投稿もあった。それを見ると、衛生消耗品購入などのため、「おひとり様30円(税込)徴収させていただきます」とあった。ただし、20歳未満、サービスタイムメニュー、食事のみの客は対象外だとしていた。感染症対策料は、目利きの銀次のほか、「魚萬」でも導入されていたようだ。

   とはいえ、徴収には疑問や批判も多い。「なにを根拠に30円という値段設定なのか」「事前の周知徹底は必須だ」「でもこれ感染者出たらどうするのか」などと書き込まれていた。

   一方で、「そこまで目くじら立てる必要あるか?」「実際金かかってるし良いでしょ」「明記してるだけ良心的」などと店側を擁護する声も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中